真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
レズモ出口の姿勢
F1 イタリアGP予選。録画で見直しました。シューマッハのパラボリカでの失速は謎ですが、全体的にバリチェロよりもフロントがグリップしていないように見えました。トップスピードの出方を見ると、シューマッハは特別に重めというよりもフツーに積んでいるんじゃないかな。

レズモの出口の膨らみかたやクルマの向きを見ていると、ライコネンはオーバーステアを警戒して控えめにアタックしているような印象を受けます。B.A.Rのバトンくんは同じコーナで修正、こちらもちょっとオーバー気味のようです。佐藤くんはひとつ前のコーナでちょこっと修正してタイムロスしたためか、なかなか向きが変わらず。このあたり、バリチェロとウイリアムズのモントヤは、一筆書きのようにきれいに回っていますね。

B.A.R勢はダウンフォース重視の割りにはシケインでタイムを稼げていないですね。機械式トルクトランスファーシステムの効果はどうなんでしょう?まさか、B.A.Rも燃料満タンなんでしょうか???日曜日の天気が気になります。
[PR]
by qnot | 2004-09-12 06:46 | F1_2004