真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
B.A.R 007は堅実な作り
注目が集まる中発表されたB.A.R 007。この美しい写真から、どんなマシンになるのか大いに期待させられていましたが、意外と堅実な作りでしたね。

一番目立つのは、フロントウイングまわりですが、下あごが延びたくらいで、目新しさはあまりありません。ザウバーとは対照的に、ノーズ下(ウイング上)の空気を積極的に後ろへ流すという考え方。どちらかというとリアのダウンフォースに効いてきそうです。ノーズ両わきにちっちゃい整流板もつきましたね。下あごの効果はどうなんでしょう。この部分は「整流のため」という名目で低い位置に持ってきて、フロントのダウンフォース増強を狙ったとも推測できます。

フロントタイヤ内側にある整流板の形状も車体中央に積極的に空気を流そうという意図が見えます。それに伴って、ラジエータ吸気口直前下部の板の形状も、昨年型とちょっと違っていて、より車体側面への流れを意識している模様。

TVカメラ下のちっちゃいウイングは今年はデフォルト装備でしょうか。リアウイング直前の羽の追加など、細かいところを詰めた正常進化型という印象です。
昨年の画像と見比べると面白いかも。
[PR]
by qnot | 2005-01-17 08:01 | F1_2005