真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
子羊をnetBSDに(つづき)
インストール手順の続きです。/etc配下のファイル設定編。



インストール後には、普通にetc配下の設定をして、カーネルを再構築、Ethernet経由でログインできるようにユーザを作る必要があります。

[インストール後の調整]

MDがささるPCにnetBSDを入れて、MDをマウント。
子羊くんではwd0になるので、fstabはとりあえず、
-----
/dev/wd0a / ffs rw 1 1
/dev/wd0b none swap sw 0 0
/dev/wd0e /usr ffs rw 1 2
-----

EthernetポートはNE2000互換で、ne0とne1になるのでifconfig.ne0とifconfig.ne1を作るか、ifconfig.*があればcpして編集。
-----
up
192.168.x.x netmask 0xffffff00 media autoselect
-----

rc.confに、
-----
rc_configured=YES
hostname=hoge
defaultroute="192.168.x.x"
wscons=YES
-----
があることを確認。

DNSはresolv.conf。
inetd.confは、使いたいサービスのコメントを外す。とりあえずtelnetdを生かします。
IPアドレスを変えているときは、hostsも書き換え。

日本語キーボードなら、wscons.confに
-----
encoding jp
-----
を追加
これくらいかな?
[PR]
by qnot | 2005-02-26 06:02 | ヒトバシラ?