真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
子羊をnetBSDに(つづきのつづき)
インストール手順の続きです。カーネル再構築とユーザ設定編。



[インストール後の調整(つづき)]
/etc配下の設定ができたら、カーネルを作り直します。SPがないとGENERIC-kernelでは起動時にデバッグモードに落ちてしまうようです。あと、ne0も動きません。

カーネルのソースをとってきます。ftpでsyssrc.tgzを拾ってくるか、CVSするか。

CVSならsuで、
# mkdir /usr/src
#setenv CVSROOT :pserver:anoncvs@anoncvs.NetBSD.org:/cvsroot
#cd /usr
# cvs login
( password は "anoncvs")
# cvs checkout -rnetbsd-1-6 -PA src
(netBSD1.6のとき)

カーネルの設定ファイルはLAMB用を使います。SPがなくてもデバッガに落ちないようにするために2ヶ所だけ手を入れます。SPモデルならそのままでいけるはずです。
#cd /usr/src/sys/arch/i386/conf/
#cp LAMB LAMB.org
# vi LAMB
-----
# Diagnostic/debugging support options
options DIAGNOSTIC # expensive kernel consistency checks
@@ -72,7 +72,7 @@
#options KMEMSTATS # kernel memory statistics (vmstat -m)
# options DDB # in-kernel debugger
#options DDB_ONPANIC=1 # see also sysctl(8): `ddb.onpanic'
#options DDB_HISTORY_SIZE=100 # enable history editing in DDB
#options KGDB # remote debugger
#options KGDB_DEVNAME="\"com\"",KGDB_DEVADDR=0x3f8,KGDB_DEVRATE=9600
makeoptions DEBUG="-g" # compile full symbol table
@@ -98,22 +98,22 @@
#options COMPAT_AOUT # binary compat for NetBSD a.out binaries
-----
フツーに
# config LAMB
# cd ../compile/LAMB
# make depend
# make
# mv /mnt/netbsd /mnt/netbsd.old
# cp netbsd /mnt/

あとは、ユーザを作ります。シェルはとりあえずcsh。
/etc/master.passwdに
[my name]::1000:100::0:0:[ユーザの説明]:[/home/hoge(ホームディレクトリ)]:/bin/csh

/etc/groupのwheelにユーザを追加
wheel:*:0:root,[my name]

/etc/rc.localに1行追加。
/usr/sbin/pwd_mkdb -p /etc/master.passwd
データベースは1回作ればいいいので、起動できたら消しておきます。

MDをアンマウントして、子羊に入れて電源を入れます。
MDが2回回転して、3回目の回転がずっと続いていればたぶん起動できてます。
pingでも打ってみて返事をしてくれたら成功です!
上手くいかない時は起動ログが残っていないか調べてみましょう。

telnetしてログインできたらパスワードを設定。もちろんrootではtelnetできません。
#su
# /usr/bin/passwd -l [my name]
できればsshの方がいいですね。ただし子羊くんは非力なので、keyは他のマシンで作ってからコピーした方がいいようです。
しばらく遊んだら2.0にしてみようかな。

NetBSD 1.6.2_STABLE (LAMB) #1: Thu Feb 24 20:42:07 JST 2005
root@lamb:/usr/src/sys/arch/i386/compile/LAMB
cpu0: AMD Am486 or Am5x86 (486-class)
total memory = 16000 KB
avail memory = 12268 KB
using 225 buffers containing 900 KB of memory
RTC BIOS diagnostic error 22
mainbus0 (root)
isa0 at mainbus0
ne0 at isa0 port 0x200-0x21f irq 3
ne0: NE2000 (RTL8019) Ethernet
ne0: 10base2, 10baseT, 10baseT-FDX, auto, default [0x00 0x30] auto
ne1 at isa0 port 0x300-0x31f irq 10
ne1: NE2000 (RTL8019) Ethernet
ne1: 10base2, 10baseT, 10baseT-FDX, auto, default [0x00 0x30] auto
com0 at isa0 port 0x3f8-0x3ff irq 4: ns16550a, working fifo
com0: console
pckbc0 at isa0 port 0x60-0x64
wdc0 at isa0 port 0x1f0-0x1f7 irq 14
wd0 at wdc0 channel 0 drive 0:
wd0: drive supports 16-sector PIO transfers, LBA addressing
wd0: 1027 MB, 2088 cyl, 16 head, 63 sec, 512 bytes/sect x 2104704 sectors
wd0: drive supports PIO mode 3, DMA mode 1
isapnp0 at isa0 port 0x279: ISA Plug 'n Play device support
isapnp0: no ISA Plug 'n Play devices found
biomask fbe7 netmask ffef ttymask ffef
boot device: wd0
root on wd0a dumps on wd0b
root file system type: ffs
[PR]
by qnot | 2005-02-26 06:41 | ヒトバシラ?