真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
金曜日FIA記者会見から
気になるメンバーは、安川さん(BS)、デュバ爺(MI)。

例によって部分的に意訳抜粋

Q:ヒロシさん、今年はライバルと比べてテストが少なかったけど、問題はない?
A:大丈夫。もちろん、彼らはマイレージをかせいだね。私たちは少なかった。けれど、エンジニアもチームもとても良く働いた。テストのクオリティはとても良かったと信じている。新しいレギュレーションの下で、今年も活躍できると信じているよ。
Q:去年のザウバーみたいなチームは欲しくない?
A:もちろん、バランスを考えれば他にもチームにいて欲しいね。でも私たちは契約を尊重するよ。
Q:去年、フェラーリはイモラテストの後にここにきて、妥当な成績だったけど、今年は同じような兆候はあった?
A:ないね。劇的には、けれど、うちのエンジニアはとても強力なタイヤを作ったと信じているし、安全性についても気をつけている、今年は耐久性が重要だね。去年は最長でも100kmくらい、今年は2回の予選と300kmのレースがあるから考え方を変えないとね。これは私たちにはいいチャレンジだよ。

Q:ピエール、こんなにたくさんチームがいて大変だね、多すぎてこんがらがらない?
A:遅れてゴメン。時間が過ぎているのを気づかなかったんだ。そう!ホントにそれが問題なんだ。でもたくさんのデータと結果を得られて、何が起きているのかたくさんの情報を得ることができる、1チームじゃわからないこともね。そう思うんだ。(1チームでは)パッケージが与える結果しかわからない。何が原因なのかとか、それがいいのか悪いのかはわからないね!
Q:でもフェラーリは問題なさそうですが?
A:私たちの見方があるんだ。2年前にフェラーリがナロータイヤを履いていたころ、私たちの仲間にクレームをつけただろ、けど最後には私らのタイヤをいくつか観察して幅広タイヤを使い始めたじゃないか、たとえばね。
Q:新しいレギュレーションはタイヤにとってどうですか?
A:頑張ったところは日曜日に見られるよ。けれど冬のスペインとかヘレスとかから暑いメルボルンとかセパンだから、いくつかのシミュレーションをしてバーチャルから現実へ適用したよ。日曜の夜には良かったのか悪かったのかわかるね。
Q:セパンが一番キツイですか?
A:たしかにきついサーキットだね。温度は別の要素だ。性能劣化はいつもの金曜日よりも日曜日の方がまし。そう、これはチャレンジだよ、300,000マイル走ってタイヤの作り方はわかっている、うまくやれるよ!

どちらも終わってみなければわからないってことですな。それにしてもデュパ爺、相変わらず元気ですな!
[PR]
by qnot | 2005-03-04 23:19 | F1_2005