真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2006年以降、全てのMacをIntelCPUに
今年のWWDCは、ハード単体ではなくてアーキテクチャに関する発表が目玉。
WSJにでた噂どおりの発表。Intel対応のXCODEが6日から提供開始ってことは、かなり前から仕込んでいた証拠でしょう。Macslashによれば"5年前から全てのバージョンのIntel用OSXを作っていた"そうな。
2007年末にはPPCベースのMacintoshはラインナップから無くなる模様。

Intel版ハード用のOS X上では"Rosetta"で、PPCエミュレーションできるようなので、古いソフトもとりあえず動くそうです。気になるIntel版ハード上でのWindowsサポートはAppleとしてはしないそうです。

Phil Schillerによれば、
"That doesn't preclude someone from running it (windows) on a Mac. They probably will," "We won't do anything to preclude that."

ギャー!っつうことは、Macintoshの上でWindowsが走る日も遠くないってことですか?Appleのハード売り上げはiPod以外、行き詰まっている感もあるので場合によってはIntel-Macが大ブレークという可能性もありなのかも。

逆にWindowsネイティブのPC/AT互換機(最近は何て呼ぶんでしょう?)上でIntel版OS Xが走る可能性ってのはどうなんでしょう?当然、Appleが動作確認するとは思えないので、正式サポート外でしょうが、上の発言からはIntel-MacハードウェアのアーキテクチャはPC/AT互換機と近いようなニュアンスを感じます。特定のチップセットや周辺デバイスを持ってくれば動くかも??Open Darwinで実績ありです。まぁ、こちらはAppleハード限定にライセンスで規定されるでしょうし、ハードウェアチェックでインストール出来なくするんでしょうね。

Tigerの次は"Leopard"。2006年後半から2007年上旬を予定。Longhornの時期に合わせてきたんですね。


Appleのハードウェア(Macintosh)について、サポート外とはいえWindowsが走るということになればデザインや使い勝手で、他社製ハードよりも魅力的に見えます。これでMacintoshの買い控えが発生するでしょうから、あと1年、iPodに稼いでもらってiPodが売れなくなった次の目玉にするつもり??

最後に、ビッグニュース!!! iTMSが8月上から日本でも開始!!!ついに、やっと、、長い間待たされました。ただし、ソニーとは合意していないとか。そんなのはほっとけ!
[PR]
by qnot | 2005-06-07 08:01 | Mac