真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
大荒れカナダGP決勝
F1カナダGP。つぎつぎにリタイアが出る大荒れの展開。

最初は不運続きのフィジケラ。
オーストラリアGP以来、いいことがありません。最初のピットストップまではいい感じだったのに。

同じくルノーのアロンソ。
自滅です。ブラーボゥおやじもガッカリ。

そして、ニック。
着々と順位を上げ、今回のウイリアムズは戦略で表彰台か?と一瞬思ったんですが、白煙を上げてストップ。

次はバトンくん。
まさにミハエルのプレッシャーに負けたというところでしょうか?あのまま走り続けられれば...ひょっとして佐藤くんに出たのと同じギアボックストラブルが出ていたのかな?
[追記]
バトンくんのクラッシュは"自分のミス"とのことでした。前のコーナーでタイヤカスを拾って、シケインでアンダーを出してしまったとか。

で、モントヤ。
ピットロードでのオットットからはじまり、SC時の行き過ぎ。今回は評価下げちゃいましたね。ライコネンがあくまでも冷静なのに対して、いいキャラクターではあるんですが。

最後はヤルノ。
淡々と順位を上げて表彰台が見えていたのに、ブレーキトラブル。本人にはブレーキがキツイことはわかっていたでしょうから、それほどショックは受けていないかも。

決してあきらめず、常にベストを尽くす史上最強のいじめっ子。ミハエルが2位、最後尾からピットスタートのバリチェロが3位!!!

一度はピットガレージに収まりながら走り続けた佐藤くん。ホントはチェッカーを受けて欲しかったけれど、再出走後はアメリカGPの出走順でバトンくんの後ろにつけることが目標だったでしょうからまぁまぁかな。ブレーキが燃えていましたが、ギアボックストラブルでリアがロックしているようにも見えました。
[追記その2]
佐藤くんのコメントによれば、"リアブレーキがロックしてしまった"そうです。

予選を見たときの予想は全くハズレ(爆)でも、なかなか楽しめました。
次はアメリカGP。佐藤くんは気に入っているでしょうが、小さなコーナと長ーいストレートの組み合わせ(一部オーバルですが)で、B.A.Rのクルマには向いていないサーキットなんですよね。次も荒れた展開を希望です(笑)
[PR]
by qnot | 2005-06-13 03:57 | F1_2005