真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アメリカGP予選 トヨタ初ポール!
タイヤ事件で何か落ち着いて見ていられないアメリカGP予選。

レースを完走できないタイヤを持ち込んだミシュランのマヌケさ(ちょっと言いすぎ)に怒りが収まりません。デュパ爺さんはどう責任をとるつもりでしょう?

タイヤの話は忘れて予選結果を見直してみましょう。
明らかに軽タンクのトゥルーリ。ラルフのクラッシュにひるむことなくトヨタ初のPP!アメリカですからね。自動車メーカにとっては最重点サーキットですよ。

ライコネンは予定通り。バトンくんは、出走順がもう少し遅ければ2位も狙えたかも。今回もB.A.Rは好調を維持しています。
フェラーリも引き続き好調ですね。シュー兄、バリチェロともに上位につけています。このままなら1-2もあり得そう。

ウイリアムズが重かったのかという点はビミョーな感じ。ウェーバーはS2でいいタイムを出していたので、必ずしも燃料だけが要因ではないのかもしれません。

ルノーはフィジコがアロンソを上回っています。カナダGPで見せた驚異的なスタートダッシュがありますから、きっちりマークされるかもしれません。でもここはコース幅が広いからねぇ。2台ともスタートでジャンプアップしそうな予感。

新エンジン投入のレッドブル。新しいエンジンに合わせたセットアップを見つけられなかったようです。クリエンくんは11秒台にすら入れられなかったからなぁ。

このままタイヤ交換を認めずにレースをやって、何か起きたらどうするんでしょう?レギュレーションは、安全性の確保が大前提にあって、競技の公平性はその次なんじゃないでしょうか?GPDAがまだ機能しているなら、今こそアクションを起こすべきでしょう。一番被害を被るのはドライバーなんですから。
[PR]
by qnot | 2005-06-19 05:02 | F1_2005