真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
銀の紙吹雪はちょっと迷惑かも
F1ブラジルGP。
アロンソついに決めましたね。妙な動きをしなかったマクラーレンもエライ。
ルノーエンジンにとっても久々のドライバーズタイトル。今はチームまるごとルノーですが。
そしてフラビオ。やはりこのオヤジ、タダ者ではありません。生っちょろい感情などひとカケラもなくて、目標に向かってどんな犠牲でも払う(いつも犠牲になるのはセカンドドライバー)。これで結果が出せなければただの酷いヤツですが、ちゃんと結果に結びつけるので文句の言いようがない。

アロンソの次の転機はフラビオと決別する時なんでしょう。

さて、レースをふり返ると...やっぱりスタート直後に中団で接触あり。後ろからスタートの佐藤くん、この点ではラッキーでした。でも1ストップ作戦でちっともペースが上がりません。燃費を考えてなのか、何かトラブルを抱えていたのか。このコースでトップから1周あたり3秒落ちってのはどうなんでしょう。
このレースは捨てていて、エンジンを温存、鈴鹿をターゲットに10位以内でフィニッシュが目標だったとしたら納得いきます。バトンくんとバリチェロのサイドバイサイドもあっさり抜かれてしまったので、今回はB.A.R勢イマイチだったのかも。

今回はそこそこ戦えたフェラーリ。マシン自体の出来云々も言われていますが、やっぱりタイヤの当たりはずれがありますね。今回は当たりだったんでしょう。鈴鹿用のタイヤは外せませんぜ。

ドライバーズタイトルが決まって、次からはある意味やりたい放題。トップ2チームはコンストラクターズチャンピオンシップを巡って真っ向から対決中。フェラーリはBSの地元、B.A.Rとトヨタは言わずもがな。力が入らないわけありません。一方、脱力系は、ウイリアムズ、レッドブル、ジョーダン、ミナルディ。最近はスポンサー探しも中国の方が力が入るかもね。
[PR]
by qnot | 2005-09-26 04:29 | F1_2005