真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
終わってみれば... イギリスGP
 ライコネンはあと一歩でした。ドイツからはさらに改善されたパーツが投入されるとか。佐藤くんにひっかからなければねぇ。でもマクラーレンは確実にトップグループに戻ってきました。これでモントヤも一安心といったところ。

 さて佐藤くん。シューマッハ同様2ストップ作戦でした。とはいえ、第2スティント以降全くペースが上がらず。唯一良かったことは「完走」できたことでしょうか。バトンがそこそこのペースで走れているのを考えると、佐藤くんのエンジンだけ回転数を抑えているとか、クラッチのつなぎ方を変えているとか、何かやっているような気がしてなりません。スピードが足りないので、2ストップで狙ってみたけれどやっぱりスピードが足りなかったという結果。カタルーニャでもそうでしたが、B.A.Rのマシンは風に弱いんでしょうか?

 そんな佐藤くんの後ろでゴールしたジェネはピッツォニアと交代が決まった様子。次はBMWの最重点レースだと思いますが、ドライバーも車もちょっとつらいですね。

 イギリスGPの隠れたスターはフィジケラでしょう!パニスといっしょに最後尾からのスタートでしたが、レースでは終始安定したペースで6位入賞。ウィリアムズとトヨタが失格したカナダで4位になった時もフィニッシュしたのは6番目でした。今年のベストGPだったのではないでしょうか。

 来年、ウィリアムズからハッキネン復帰なんて噂がまたしても流れているようです。でも、やるからにはシューマッハを倒さなきゃねぇ。残念ながら今のウィリアムズなら見送った方がいいと思うなぁ。
[PR]
by qnot | 2004-07-12 01:06 | F1_2004