真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
B.A.Rへレステストとルール変更、モズレー続投
B.A.Rのへレステスト。空力パーツと新エンジンを投入したようですが、またしてもギアボックスにトラブルがでて、一部のテストプログラムに支障をきたした様子。ドイツに向けてあまりいい流れじゃないなぁ。

 2005年以降の速度低下を目的としたルール変更の内容が決まった様子。***追記:案でした(汗)***
空力(2005年)
-フロントウイングは高く、リアのディフューザの高さ制限(後端の高さ?)
-リアタイア前のボディーワーク制限
-リアウイングは前へ移動

タイヤ(2005年)
-種類は2種類
-1レースで2セットまで、プラクティス用と予選+レース用
-「ダメージを受けた」場合はレース中に交換可能、交換と同時に給油はできない
(どの程度をダメージというんでしょう?ブリスターがひどいとか、ドライバーから「なんか動きが変だ!」と言われたときも交換できるんでしょうかね)

エンジン
-2レースで1エンジン(2005年)
以下2006年から
-2.4リッターV8バンク角90°
-可変長吸排気、直噴、可変バルブタイミング、リフトは禁止
-最大ボア、シリンダ間隔、クランクシャフト中心の最低高、最低重心位置、最低重量の規定
-シリンダーあたり点火プラグ、コイル、インジェクタは各1個
-Exotic materials禁止(日本のサイトでは「新素材」と訳されているところもありますが、馴染みが薄い、ヘンな物という意味かも。具体的に何がOKで何がNGかはFIAに問い合わせるのでしょうか)
-2006年と2007年は3リッターV10にFIAのレブリミッタで出力制限されたエンジンも使用可能

 こうなるとエンジンはおいしいパワーバンド幅が狭くなって、重さや摩擦の少なさを含めたギアボックスの作りがより重要になるのでしょうか。
 これで平均速度は抑制されるんでしょう。一方でレース中のオーバーテイクが少なくなったのは、ブレーキング距離が短くなったのもあるけど、車のマネージメント技術が進んで、昔よりも緻密なレースの組み立てが出来るようになったからという側面もあると思います。1レース中で車が速い時期と遅くなる時期が作り出せれば、レース戦略も多彩になって面白いかもなぁ。ショートスティントをつなげて1レースにしたんじゃ車とドライバーの実力差がそのまま結果になるのもムリないわいな。

 FIAの評議委員会からの希望を受けて、モズレーはFIA会長を2005年10月まで引き受けることになったとか。「F1チームのオーナみたいに決心は変えない」と言っていたのは誰だよ!でも、ここで放り出したら無責任だよなぁ。
[PR]
by qnot | 2004-07-17 07:21 | F1_2004