真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
オーストラリアGP 予選
事前の予想はことごとく外れ(爆)
今年はクルマの動きが全然違う! ドライバーのミスもよ〜くわかります。

予選で一番驚いたのはフェラーリの低迷。速さもさることながら、チームの動きが昨年までと全然違う。ピットクルーも「これでいいのか?」という迷いがある感じ。今年は下降線でしょうか?
対照的なのはホンダ。厳しい中団争いにきっちり食い込んでいます。エンジン音があのやかましい「ホンダサウンド」なのがイイ!間違いなく上昇中。

ドタバタが続いたウイリアムズ、中嶋くんはもうちょっと行けたんじゃないかなぁ。アドレナリン分泌の遅さは家系か?西山さん命名の「カラシ納豆走法」でもカラシの効きが足りない。同じお坊ちゃま育ちでも二コの遺伝子は瞬間沸騰タイプかも。

ベッテルくんとピケも対照的でした。ベッテルくん、昨年、富士の活躍は天候によるものだけではなかったんですね。レッドブルの2人よりもずっといい。最後まで走りきれれば面白い事になるかも。ルノーはチーム自体の問題とドライバーのミスで浮上できないまま。アロンソの経験だけであの位置まで引っ張ってこれたのか?

全体を通して、エンジン凍結を含めたレギュレーション変更の効果があらわれてきたシーズンという感じがします。トラコン無しでクルマの挙動変化も一層わかりやすくなったし、ドライバーのミスも増えたし。コンマ3秒くらいならドライバーの実力でひっくり返せるようになったんじゃないでしょうか。激戦だった中団グリッドは乗りやすいクルマのチームと、ミスが少ないドライバーが上に来ている気がします。レースになるとさらにタイヤが厳しくなるでしょうから、カウンターあててドリドリしたりハミダす人も多いかも。

マシンの挙動だけではなく、グリッド上位の名前を見ても新鮮です。新しい時代が始まったんじゃないかな。
[PR]
by qnot | 2008-03-15 23:46 | F1_2008