真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
修正版マスダンパー
久々の更新。イギリスGP、まだ見てません(爆)
バリチェロ、表彰台だったようで。荒れたレースで淡々と走ったんでしょうか?

さて、復活したF1 MODELiNGをみていたら、マスダンパーにかわって上位チームで使われはじめているサードダンパーの構造が出ていました。
ピッチングをギアネジで軸の回転に変えて軸のまわりの重りの慣性で過剰な動きを抑える仕組みらしい。マスダンパーが直線的(例えるならY軸方向)に動くのに対して、新しいのは回転方向(ω方向)という違いだけ。

どういう言い訳をしたのか知りませんが、新しいダンパーがOKになる理由がよくわかりません。効果は全く一緒のような気がするんだけど。サスペンションを介しているかいないかという違いがあるといえばあるかな?

[追記]
CSのF1GPニュースでマクラーレン式について論文が出ているという話が出てたので探してみました。

これでしょ?マクラーレン式はラックアンドピニオン(ギア式)らしい。こっちの方が自然な気がする。フェラーリは特許に抵触しないためにネジ式にしたのかも。
ざっと流し読みした感じだと、ステップ応答(0から1にステップ状に変化する入力に対する出力)の立ち上がりを改善する効果が大きくて、振動を早く収束させる効果はチューニングが必要な感じ。ダンパーの高周波特性が良くなればいらなくなりそうだけど、今のダンパーでは使った方が効果があるんでしょうね。
[PR]
by qnot | 2008-07-13 02:31 | F1_2008