真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
F1ルーツ紀行
ホンダさんが、こんなページを公開してました。当時の苦労話が沢山語られていて、思わず読みいってしまいました。

60年代のF1といえば、中村良夫さんでしょう。当時、カントクをされていた(というか本田さんにF1参戦を焚きつけた)中村さんの著作は、本屋で見かける度に立ち読みしたり買いこんだりしていたんですが、いったいどれくらい出版されていたのかわからなかったのであちこちで検索してみました。

○グランプリ1 二玄社 1969
○グランプリ2 二玄社 1970

グランプリレース ホンダF-1と共に 山海堂 1979.12
F-1グランプリ ホンダF-1と共に(改訂版) 1963-1968 三樹書房 1988.9
F-1グランプリ ホンダF-1と共に(改訂版の愛蔵版) 1963-1968  三樹書房 1998.10

クルマよこんにちは 三栄書房 1980.6
○クルマよこんにちは 私の断章 三樹書房 1990.1
クルマよこんにちは 私のクルマ心象風景 三栄書房 1983.10
○F1グランプリよこんにちは 私のメモ1984-1988 三樹書房 1989.9

○F1グランプリ 時とともに 二玄社 1985.12

クルマよ何処へ行き給ふや グランプリ出版 1989.7

○F-1グランプリ群像 三樹書房 1989.3

F1グランプリ全発言  山海堂 1990.6
F1グランプリ全発言 2 山海堂 1992.4
F1グランプリ全発言 完結編 山海堂 1994.4

○F1グランプリコース 三樹書房 1991.6

△私のグランプリ・アルバム 二玄社 1992.10

ひとりぼっちの風雲児 山海堂 1994.1

○かるす・おうとまとす 二玄社 1994.5

○フォーミュラワン 18年の集約 三樹書房 1994.10

△中村良夫自伝 三樹書房 1996.4

共著/翻訳
2・3輪自動車・スクータ 共著 山海堂 1957
レーシングエンジンの過去現在未来 共著 山海堂 1981.11
HONDA F1 共著 二玄社 1984.7
○ターボ時代のF1 翻訳 二玄社 1985.7
F1レース10年の軌跡 共著 グランプリ出版 1991.2

○(出版社在庫あり)
△(トーハン在庫のみ)

私は半分くらいしか読んでいません。60年代の話なら「グランプリ1・2」がオススメ。90年代前半までのF1だったら、「F1グランプリ全発言」シリーズがオススメです。こちらは古本屋さんか図書館をあたるしかなさそうです。確かGPXの連載をまとめた物で、グランプリ界の重鎮からエンジニア、ドライバーまで幅広くインタビューされてます。

入手できなくなった本が沢山あるのもやむを得ませんかね。氏が書かれるイラストに出てくるミツバチくん?は、実はハチではなくて囚人服を着ているご本人だったというような事がMotor Fan誌に掲載された遺稿に書かれていたような記憶があります(あいまい)。「人生という名の牢獄」面白いオッサンです。
[PR]
by qnot | 2004-07-31 12:56 | F1_2004