真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ベルギーGPをふりかえる
バトンくんは、タイヤバーストが原因でリタイアだったんですね。バウムガートナーは悪いときに悪い場所にいたということでしょう。

このミシュランの右リアタイヤですが、バトンくん、クルサード、モントヤと何台か犠牲になってますね。ミシュランによれば、ハッキリわからないけれど、縁石に乗り過ぎなんじゃないか?ということらしいです。別のソースでは、「縁石の内側の鋭利な角」が原因ではないかと言っているようです。たまたま、問題の縁石をショートカットぎみに走るドライバーに問題があったのか?

佐藤くんはスタート直後にダメージをうけてたウェーバーとモントヤにはさまれて、ぶつかっちゃったみたいですね。こちらも悪いときに悪い場所にはまってしまった感が強いです。予選の失敗が全てでしたね。

FrontWingさんのところで知ったんですがライコネンはギアトラブルも抱えていたとか。探してみたらレース後の記者会見で語ってました

「シフトダウンをしようとするとギアが落ちなくてクルマが前に行ってしまうんだ、そのためにいくつかの場所でちょっと苦労したよ。うまくシフトダウンできたりできなかったりするんで、リアタイアがロックして何回かスピンしそうになったけど、最終的にいい結果が出せてうれしいよ」
こんな状態でチェッカーまでクルマをもっていけたライコネンは改めてスゲーなぁと思います。
[PR]
by qnot | 2004-08-31 08:20 | F1_2004