真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ:F1_2010( 43 )
F1 Rejects is not dead.
毎度、マニアックなネタを提供してくれているF1 Rejectsですが、Podcastが迷走中です。事情はこちらに書かれています

Jamieさんの大変さは理解できますし、Site Author and Senior Grand Prix Analystのenochさんの続けようとする意思には本当に感服します。ForumメンバーによるPodcast 2.0はどうにもメタメタでしたが、enochさんのプロデュースで中国GPeditionに向けて動きもあるようです。ひょっとするとJamieにかわるパートナーを見つけられるかもしれません。期待しないで待っておきたいと思います。
[PR]
by qnot | 2010-04-28 03:53 | F1_2010
カムイの覚悟
中国GP決勝。

MOTO GP延期ですかっ!今日乗った東海道新幹線や、新大阪駅付近(お仕事です)には、デカいスーツケースを引きずった白人さんがいつもよりも大勢いたような...気のせいでしょうか?

さて、ミハエルは最後、本当にダメダメでした。ここまでニコに負けっぱなし、タイヤも上手く使えない。雨でもいいとこなしってのは、本人にしてみればものすごくつらい状況でしょう。若い頃ならまだしも、厄年のオジさんが大きめのHANSをつけて走っている訳で、下手な言い訳でもしようものならますますドン底という感じ。次のアップデートでミハエル向きのクルマになるといいんですが、厄年ですから(しつこいか)。

そんなミハエルをオーバテイクして株を上げたのはペトロフ。条件がペトロフ向きだったとはいえ、ミハエルを抜いて気分が悪いなんて事はないでしょう。ルイスくんはまた怒られちゃったけど、彼女ともパパとも別れて孤独を満喫しているんですかね?優勝したバトンくんとは正反対の環境になっているのは、なかなか興味深い反応でもあります。このままヒールに徹するのか、どこかで反転するのか、ルイスくん自身が乗り越えなければならない試練だなぁ。

ニコはミハエルよりも前にいる事に加えて、一時はトップを走ったりしてどんどん良くなっていますね。ウイリアムズにいたときよりもピリッとした感じで、ひょっとしたら今年中に勝てるかもしれないと思わせてくれます。アロンソといい、ベッテルくん、ウェーバといい、今年は実力拮抗していてものすごく面白いシーズンなんじゃないでしょうか。雨でレースが決まるのは、たまにならいいけど、毎回だと何だかなぁという気にもなります。

完走率0%の小林くん。Numberのインタビューで日本人ドライバーとしての覚悟を語っていました。内容は買って読んでもらいたいので書きませんが、そんな事考えていたのかとちょっとびっくり。このままザウバーで終わってしまう事なんて無いと信じたい。アロンソだってミナルディからスタートしたんだぞ。

今月は久々に雑誌を何冊も買ってます。ちゃんと後まで残しておきたい内容なら買うんだな。
[PR]
by qnot | 2010-04-20 00:55 | F1_2010
家に帰れない?
中国GP 予選。

順当にレッドブルが1-2ですね。メルセデスが徐々に復活の兆し。ミハエルはリアエンドのグリップ不足を具体的に指摘していて、だんだんと自分のクルマが出来上がってきた感じ。今のところ若いモンにやられっぱなしだけど、出口が見えてきたのかも。

左近くんがまさかのヒスパニア入りですが、スパイカーつながりなんですかね。コレスがチームを引っ張っている感じもあり、このまま続ければうまくチームを回せるようになるかも。問題はダラーラに代わる製造部門をどうするかですね。

キーさんに引き継ぎ中のザウバー。両ドライバーともクルマのダメっぷりを語りはじめました。ザウバーさんに「ドライバーにも問題がある」なんて言われたら、言いかえさなきゃね。ザウバーさんの発言の裏には、「日本もスペインもスポンサーになる気がある企業はいないのかよ!」という思いがあると思うんだけど、5月過ぎれば日本企業も動きがとれるようになってくるかな?小林くん、今度こそ完走したいよなぁ。

さて、中国GPで一番の問題はヨーロッパ行きの便が欠航して復旧の目処がたたないこと。噴火がおさまる気配が無くて、数日中に飛べるようになるという楽観論もあれば、1ヶ月は無理という話も。次の予定はキャンセルして船便でのんびりと帰るってのも悪くないかもね。
[PR]
by qnot | 2010-04-18 07:35 | F1_2010
ミシュランの思惑
ブリヂストン撤退後、F1のタイヤサプライヤーとして噂されているミシュラン。

復帰の条件として、18インチホイールの使用を提示しているらしい。今のF1は13インチ。軽自動車並みです。ちなみにIRLはフロント15インチ、リア14インチらしい

ミシュランはWorld Series by Renaultにタイヤを出しているけどこちらのホイール径はとても18インチには見えません。ALMSにもタイヤを供給していて、こちらがちょうど18インチ。もちろん本家ルマン24時間でも同じタイヤを供給する様子。

要するにフォーミュラ用のタイヤでは持たないので、耐久レース用のタイヤを流用するつもりっていう宣言にも聞こえるんだけれど、これって、ケンカ別れした(というかケンカして追い出された)FIAに対する嫌がらせのようにも見えます。IRLよりも巨大なホイールをつけたF1ってのは、かなりイメージが変わりますねぇ。

そもそも何でF1のホイールってあんなに小さいんでしょうね。大きくすればブレーキ屋さんは大助かり。タイヤもショルダー部の剛性が上がっていい事づくめ。FIAにしてみればブレーキ性能が上がってしまって、ますますオーバーテイクしにくくなるのが問題かな。エンジンを標準化するなら、ブレーキも標準化するのが筋のような気もします。制動距離がなが〜い標準ブレーキにすれば全て解決という気もする。

本当にミシュランは復帰するんでしょうか?
[PR]
by qnot | 2010-04-11 04:48 | F1_2010
予選が大事
マレーシアGP決勝。

あちこちでバトルしてましたねぇ。結局、まぁ順当なレース結果に落ち着いたんですが、フェラーリだけ例外。フェラーリエンジンはザウバーも同じような壊れ方してました(<追記>アロンソのトラブルは別原因らしい)。各チーム、シーズン序盤でこんなにエンジンが壊れちゃって、今年終盤は使えるエンジンが無くなったなんて話になっているかも。小林くんはただ一言「運が悪かった」としか言いようがありません。

雨で予選が荒れて、本来の実力順にクルマが並ばないと後方からの追い上げが面白い。かといってリバースグリッドなんてのはやめて欲しい。予選結果が実力順にならないように攪乱するためには、アタックのチャンスを減らして、トラック上にたくさんクルマを走らせておけばいいかも。遅いクルマにひっかかった上位チームが予選で前に出られなければシメタもの。そんな環境でも速い人は速いんです。

さて、絶好調ベッテル、ニコもいるしスーティルもなかなか。ドイツ勢大活躍。ミハエルのダメっぷりやザウバーの不幸を嘆いてもどうしようもありません。ザウバーは新規参入チームよりも結果が残せていません。速さも信頼性も怪しい状況を続けるとどうなるのか。
それにしてもウェーバーのほっぺはマンガのキャラクターのようだ。ニコはヒゲが薄いのか?小倉さんのネクタイはルノーを意識していたのか?

F1モデリングがなかなか出ないと思っていたら(Vol.42出てました!)、レーシングオンがコスワース特集じゃないですか!もうその場で買いましたよ。しかも中の広告が「日本の名レース100選」の新刊が4/10に出るという情報が。こちらも買いだなぁ。
[PR]
by qnot | 2010-04-05 23:59 | F1_2010
マレーシアGP 予選
雨です。

フルウェットでいいところがないミハエル。いろいろと言い訳はあるんだろうけど、メルセデスが彼のためのチームにならないとこの先も苦戦が続くのかも。かつてのアルヌーみたいになっちゃうぞ。
ニコのオンボード映像があまり見られなかったので、ミハエルのどこがダメだったのかよくわからないけど、理想的なライン上を滑って行く感じになっていなかったという印象。あちこちで修正が入るのは仕方がないとしても何かギクシャクしているんだな。

マクラーレンが飛び出したのは、ドライバーのウデだけじゃなく、メカニカルグリップに問題があるんじゃないかという気もします。タイヤが温まりにくいとか。フェラーリもマクラーレンもギリギリまで雨がやむのを待っていたそうで、ドライバーに負担がかかったという面もあるみたいだけど。

Q3の赤旗は今までだと出なかったタイミングじゃないでしょうか。
小林くん。この条件でQ3出られなきゃマズイっしょ。映像で見る限りはコースアウトもしていないようだし、悪くないです。ホントはクビサあたりと戦えるとよかったのにね。

意外と速かったのはウイリアムズ。明日も雨だと彼らには絶対に落とせないレースになるかも。下位に沈んだマクラーレンとフェラーリはじわじわと上がってきそうだし、小林くんのポイント獲得は微妙だなぁ。ポイントがとれなくても完走することが最優先じゃないのかな。小林くんはミスしない事、引く時には引ける所がいい。
[PR]
by qnot | 2010-04-04 02:25 | F1_2010
今さらオーストラリアGP
やっと決勝レース見終わりました。これからプラクティスを見直します。

壊れなければレッドブル、実力十分なフェラーリ、ストレート勝負のマクラーレン。
雨で期待していたミハエルは精彩に欠け、戦略勝ちのバトンとクビサがいつの間にか上位に。アロンソやハミルトンが前を追っかけている間はそれなりに面白かったっす。

2戦終わって気になるのは、サーキットが変わっても各チームやドライバーの力関係が変わらないと、どのGPも同じようなレース展開になりそうな事。シーズン中にテストが出来て、各チームの開発ペースが違うと力関係が変わってきて面白そうなんだけど、シーズンスタート時点の力関係が大きく変わらないとすると後はサーキットごとの向き不向きとかタイヤ戦略くらいしか「戦う要素」が無いような気がする。

Fダクトみたいなアイディアがいくつも出てくる訳ではないだろうし、沸騰型ドライバーのキレっぷりに期待しようかな。今回のブチ切れ大賞は間違いなくハミルトン。次は誰かな?
[PR]
by qnot | 2010-03-31 23:47 | F1_2010
オーストラリアGP予選
映像もデータもちらっとしか観れてません(爆)

小林くんがQ2でカウンター当てまくっていたのは観ました。ファンサービスでしょうか?ああいうのは微妙なところだけど、チーム側にしてみれば下らないリスクにしか見えないのでは?いかにもクルマが悪いというところをあえて見せてチームにプレッシャーを与えているのかも。「BMW時代の感覚が抜けない人間がいるのが問題」とザウバーさんも言っていたけど、チーム内の雰囲気ってどうなんでしょうね?

ハミルトンは金曜プラクティス終了後に、公道でバーンアウトしてお巡りさんに拘束されたそうな。「お馬鹿な事をしてしまって、謝りたいです」って、うるさいパパから解放されてちょっとやりすぎちゃったのかな?

結果だけみるとハミルトン以外は納得感のある順番になっています。ここから各チームがどう成長していくのか、高い成長速度を得るためには、抱えているドライバーの資質と資金力、エンジニアリング能力が必須。結局上位4チームの戦いになるのかなぁ。

さて、もし決勝が雨だったら...ベッテル対アロンソ対ミハエルってバトルが観たい!
[PR]
by qnot | 2010-03-28 10:28 | F1_2010
右京さん再始動
右京さん。
活動再開されるそうです。

世の中には、何でもうまいこと取り繕って器用にこなしてしまう人もいるけど、右京さんの生き方はそれとは正反対なのかもしれません。

起きてしまった事は無くせないけど、新しく何かを始める事は最後の時までできるんだから、いつまでも立ち止まっていちゃいかんよね。
[PR]
by qnot | 2010-03-24 22:08 | F1_2010
今年の鈴鹿
IRLと日程が微妙なF1日本GP。

何と20cmを超えるレンズ(って長さか?)を使いたいならカメラマンシート¥55000を買いなさいという事らしい。

いいです。行きませんから。IRLにします。以上です。
[PR]
by qnot | 2010-03-22 22:02 | F1_2010