真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ:F1_2010( 43 )
ウイリアムズに秘策はあるのか
F2商売と引き換えにコスワースエンジンを選択した?ウイリアムズ。F1界で長いこと生き残っているチームの1つです。

アクティブサスで一世を風靡した後、ジャックやラルフといった曲者ドライバーとともに再び低迷期に。昨年はロズベルグが最高で4位でも、中嶋くんのノーポイントもあってコンストラクターズでは低迷。

今年はヒュルケンベルクとバリチェロという2人で、去年よりもポイントはとれそうだけど、何と言うか、全てがB級というか、化ける感じが全くありません。チームとしてはヒュルケンベルク頼みという感じなのかもしれませんが、バーレーンではバリチェロの方が勝っていました。悪いドライバーでは無いんでしょうが、トロロッソで走っていた頃のベッテルのような印象はありません。

エンジニアリングチームにアクの強い人がいないからなのか、ここ数年のクルマのコンセプトは「まねっこ」のように見えるし、積み重ねや熟成が結果として出てきていないように見えます。

このチーム、怖いお爺さん2人がリタイヤする前に、チームとしてやっておく事が出来ていないような気がします。チャップマンがいなくなった後のロータスみたいにならなければいいんですが。
[PR]
by qnot | 2010-03-20 23:49 | F1_2010
退屈な開幕戦?
あちこちで「退屈」とか「つまらん」とか「苦痛」とか「パレード」とか言われているF1開幕戦。

スプリント3連発というスタイルから、給油なしでタイヤ交換だけに変わって耐久レース的な走り方になりすぎているようにも感じられます。久々の無給油だし、チームもどうやったら前に出られるのか手探り状態のようです。

「タイヤをもっと柔らかくして2回ストップ必須にして欲しい」というのが現実的な解決策っぽいけど、次のレースまでに対応するのは難しいだろうなぁ。プラクティスとか予選で使ったタイヤを返却しないでそのまま使えるようにすれば、本数を増やさずに対応できそうですね。

チームが狙っているのは、レース終盤で軽くなってきた時に温存しておいたスーパーソフト投入ってストーリーでしょう。どのタイミングでスーパーソフトにするのか?ってのが見せ物になると。予選用とレース用でスーパーソフトを2セット供給できれば、予選で使うのか、レースで使うのか戦略の幅も広くできそうです。タイヤがワンメイクなのが問題なんだなぁ。

さて、レース結果はほぼ予想通りでした。予想外だったのは、やっぱりオーバーテイクができない事。もうちょっとバトルしやすいクルマになっていると思ったんだけどなぁ。みんな無茶をしないクレバーなドライバーばかりになっちゃったのか?それとも高度に管理されすぎなのか。

ザウバーが思ったよりも酷かったのは残念。次までに対策が打てるといいんですが。
[PR]
by qnot | 2010-03-16 05:01 | F1_2010
マクラーレンは313.7km/h
バーレーンGP予選。

レッドブルじゃなくてベッテルくんが速かった。ウェーバーが悔しそうなコメントを出していますが、あの修正しまくりのアタックラップを見ると、ウデの差だなぁと思ってしまいます。

それ以外の予選タイムはみんな空タンクなんで、そんなもんかなという印象です。面白いのはマクラーレンの2台だけストレートスピードが尋常ではないこと。例のリアウイング(コックピット前の吸気口からの空気で流体Flipflopを作って膝でリアウイングをストールさせるようにスイッチしているらしい)の効果が絶大ということですね。

レースではストレートスピードが抜きやすさに直結するんで、みんな重いクルマでそろ〜りと走っている序盤にマクラーレンの2台がポジションを上げていくシーンが見られるかもしれません。スタートでフェラーリが先行、レッドブルとマクラーレンが続いて、メルセデスがついていく。上位がつぶれれば完走狙いのメルセデスが浮上という流れかなぁ。

小林くんは終始デラロサに負けっぱなし。経験の差が出ている感じ。大差をつけられている訳では無いのでクルマが出来上がってくればもう少し行けるかな?今回は結果を期待せずにレースでテストしちゃった方が後のためかも。HPもルノーに持っていかれて、まともに開発も進められないよなぁ。新規チーム以外で一番苦しいのがザウバーのような気がする。何とかならんのか。
[PR]
by qnot | 2010-03-14 02:51 | F1_2010
バーレーンGP
今シーズン初めてのプラクティスセッション。各チーム何をやるのか気になります。

タイムの出方を観ていると、去年と変わらずロングランを2種類のタイヤでやるのと、チームによっては予選シミュレーションもやっている感じがします。ただし、ロングラン開始時の燃料搭載量は各チーム微妙に違うかも。メルセデスは軽め?
ドライバーのコメントを読むと、燃料の重さによる挙動変化が予想以上に大きくて、タイヤへのダメージが気になるといった感じでしょうか。また、サーキットで変更された部分の挙動も難しくなっているらしい。

予選は上位4強ごちゃまぜ、レースはマクラーレン、フェラーリが有利なのかなぁ。レッドブルはブレーキトラブルらしい。クルマが重くなった分を考えていなかったのか、それとも新しいのを投入してコケたのか?

レースでは動くシケインが早めにいなくなってくれた方がいいかも。
[PR]
by qnot | 2010-03-13 06:57 | F1_2010
完走できるのは?
今年からF1に参戦する3チーム。

ヒスパニア(元カンポス)
チャンドック セナ
事前テストなしのぶっつけ本番。ダラーラ製。GP2ドライバー2人で開発は続けられるんでしょうか?

バージン(元マノー)
グロック ディ グラッシ
風洞なしでニック ワースが開発したマシン。完走できるようになればうまく回っていくかも?

ロータス(元ライトスピード?)
トゥルーリ コバライネン
遅いクルマを作るのが得意なガスコインが短時間で作り上げたコンサバマシン。ドライバー頼みのチーム。

107%ルール復活させますか?
[PR]
by qnot | 2010-03-11 02:03 | F1_2010
ルノーとザウバー
着々とスポンサーが発表されるルノー。ルノー自体はほとんど関わっていないのかもしれませんが、ルノーはルノー。クビツァに見限られる前に結果を出さなきゃ。

スポンサーが離脱するというニュースしか聞こえてこない、BMWザウバーフェラーリ。チーム名を変えるなんて噂もありましたが、ザウバーは会社名でエントリーはあくまでも「BMWザウバーフェラーリ」らしい。

前にも書きましたが、この2チーム大丈夫でしょうか?ザウバーはきっと堅実に計画を進めているに違いない...と考えときます。
[PR]
by qnot | 2010-03-09 23:31 | F1_2010
今年は4強?
ステファノビッチ、残念でした。当然の結果のような気もしますが。
USF1、残念でした。こちらは11年の参戦を目指すなんて言っていますけど、FIAは再選考するって言っているようですね。

CSのF1番組を観ていて、ザウバーのダメっぷりにびっくり。小林くんは強がっていましたが、あんなクルマじゃつらいなぁ。フォースインディア式に直線だけ頑張りますか?
マクラーレンはバトンくんがタイヤに慣れていないんですかね?そうするとハミルトン、アロンソ、マッサ、ベッテル、ウェーバか。わからないのはメルセデス。新しいパーツ投入で当たればひょっとするかもしれないけど、ミハエルでも最初は厳しいんじゃないかという気がします。

ルノーは将来、ラーダになるのかなぁ。鉄鋼会社もスポンサーに付いているし。そうするとレッドブルは今からメルセデスエンジン獲得の準備中でしょうか。

あと1週間で開幕。
[PR]
by qnot | 2010-03-06 10:14 | F1_2010
マクラーレンのリアウイング
マクラーレンのリアウイングが違法ではないかという話。どの辺が悪いのか良くわからないんですが、分からないなりに考えてみました。一回書いたんだけど、その後、F1 TechnicalのForumであれこれ言っているのを読んで、考えが変わったので書き直し。

まず、ちょっと前は、ストレートでドラッグを減らすためにウイングをわざとしならせる「フレキシブルウイング」ってのがあって、禁止されました。これは、羽の角度を風の力で水平に近づけるというわかりやすい方法。
今は羽をフレキシブルにしないように、リアウイングには何カ所かセパレータと言われる補強部材を入れるように義務づけられています。

他にドラッグを減らす方法としては、ウイングをウイングとして機能しなくする、飛行機が急激に角度を変えすぎて揚力を失うのと同じ状態にするやり方があります。これが「ストール」状態です。感覚的には、羽の裏側を流れる空気が羽に沿って流れなくなって(ウイングから剥がれて)しまい羽の前面(上面)との圧力差が小さくなる = ダウンフォースが小さくなる状態を想像すればいいかと思います。

プラモデルとか作るとわかりますが、F1のリアウイング(一番目立つアッパーエレメント)は、水平に近い羽ともっと小さくて角度をつけた羽の2枚で構成されていて、2枚の間には隙間があります。この隙間から空気が供給されるので、羽の裏側で気流が剥離しにくくなっています。

マクラーレンの場合、シャークフィンの下、ウイングエレメントとの間に隙間があります。もし、この隙間(水平な羽との間)にスリットが開いていて、エアボックスからの空気を吹き付けていたら、2枚の羽の隙間から流れ出す空気の量は吹き付けない時よりも増えそうです。ということは、普通の使い方ではF1の直線スピードくらいでストールするウイングでも、吹き付ける事でストールしなくならないでしょうか。この吹き付け量をコントロールすると、直線だけストールするウイングを作れそうです。マクラーレンの吸気口にはセパレータみたいなのが付いてますね。

Forumの書き込みからの勝手な想像なんで、ホントかどうかわかりません。開幕号のF1雑誌で誰か解説してくれるかなぁ。
[PR]
by qnot | 2010-03-06 09:47 | F1_2010
フライは"オブザーバー"
メルセデスはニック フライにチーム運営に関わって欲しくないようです。

肩書きは未だにCEOですがexecutiveではないexecutive officer。取締役会で何か言っても単なる外野の戯言。お給料だけはしっかりもらえるんでしょうね。このままチームに残るとは思えないけど、ハデ好きなフライの事ですから、サーキットに有名人をもっと呼んで一緒に楽しんでから新しい仕事に移るんじゃないでしょうか。

メルセデスもホンダみたいな事にはなりたくないでしょうし、今年結果が出せないといつまでも続けられるものでもないでしょうし。

久々に給油なしだった時代のF1ビデオを観ました。当時はタイヤ交換だけで7秒くらいかかってたのね。それでも速いと思っていたけど今年はもっと凄いんでしょうね。やっぱり給油なしの方がウデの差が出やすいと思うな。バーレーンまであと2週間。
[PR]
by qnot | 2010-02-27 17:35 | F1_2010
イクザワF1
ピーター ウインザーがその昔、生沢徹さんにF1チームをやろうと声をかけた事があったそうで、去年USF1の話を聞いた生沢さんは「あの人、またそんな事言ってるの?どうなるか楽しみだねぇ」と、皮肉たっぷりに語ったそうな。

生沢さんの読みの通り、USF1崩壊は時間の問題のようです。YOUTUBEもカンポスに鞍替えとか。どっちもどっちだくどね。リチャーズの名前まで出てきているけど、本当に混沌としてきましたね。あと、問題はステファノビッチ。何か胡散臭い。最初から本当に参戦できると思っていたんでしょうか?フライのようにタダ同然でチームを買い取って、転売しようとしたけど思うようにいかなかったというのがホントなんじゃないの?ここまできちゃったら、いいマネージャを雇って、USF1を買収してオールアメリカンなトヨタチームで参戦するしかないでしょう(違)。もちろんトヨタの名前が入ったアメリカ製のフロアマットと電動パワステ付で。

そんなアメリカ行きを決意した佐藤くん。狙っているのはマンセルパターンですよね。今はそうは言えないでしょうけど。ハードブレーキングなしのオーバルにどれだけ早く順応できるのか?IRLは演出ありのレースですから、どれだけアメリカのファンの皆さんを熱くさせられるかってのも大事だよね。今年のもてぎは混みそうだなぁ。
[PR]
by qnot | 2010-02-19 00:32 | F1_2010