真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ:F1_2005( 213 )
F1に演出は必要か?
今日は、ここ数年なかったくらい機嫌が悪くて精神状態も最悪なので愚痴モードです。
調子が悪い方はうつるといけないので読まないように。




中国GPでは必要以上にセーフティーカーが走りまくり、ピットイン時のペナルティも、フィジコだけに出されて、同じことをしたウェーバーにはお咎め無し。

鈴鹿での佐藤くんとジャックへのペナルティが違っているのも非常に不可解。前科云々ではないのでは?これはスポーツ?それとも見せ物??スポーツと名乗っている見せ物でしょ?

もし、興行主がF1を演出しようとしているならもっと徹底的にやるべきです。レギュレーションも変更して、トップドライバーにはウェイトハンディとか。それができないなら下手な演出は無用!

F1はドライバーにとっては、肉体的にも精神的にも、さらには経済的なバックアップやマネージメント能力についても試されるスポーツ。メーカーやチームにとっては、膨大な開発費を注ぎ込んで自分たちが世界一であることをアピールする場でもあります。

FIAによる開発費の高騰を抑えるという方向性は、ある意味資本主義の限界を示しているのかもしれません。今の資本主義は自由競争とは名ばかりで、実際には政府によるコントロールがしっかり効かされているでしょ?「自由だ!」なんていいつつ全然自由(無秩序)じゃありませんから。昨今のニュースを見れば一目瞭然。

同じ議論をF1にあてはめれば、運営母体によるコントロールは当然必要でしょう。参加者や観戦者に自由な競争を見ていると錯覚させることも必須。いままでうまくやっていたのに、中国GPは最悪だったかも。

天候がもたらした鈴鹿の興奮を何とか再現しようとしたからなんでしょうか。
上手くだましてくれれば喜んでだまされるのに...

別に騙してくれなくても、興行と言いきってくれれば誰も迷わないよ。
F1をスポーツと言いきるのは構成要素が多すぎます。でも肉体的な能力以外にも優れているドライバーがトップに立っているのは間違いなさそう。経済力とか政治力とかね。
[PR]
by qnot | 2005-10-17 22:50 | F1_2005
Is that the end of Sato's Formula One carrier?
何か、どこかに脱力感が漂う中国GP。

佐藤くん、今年は最後の最後までうまく回りません。
ライブタイミングのコメントを見てドキッとしました。今回はキルスイッチではないだろうけど、どうしてこんなことになってしまうのか。
11月15日。新たに2チーム加わるのか、それとも1チームなのか。佐藤くんの名前は残るのか?メルセデスは今後、F1にどれくらいリソースを注ぎ込めるんでしょう?マクラーレンがインテルを取り損なったらどうなる?

来年はあるだろうけど、シュー兄もうまくいきませんね。元ワールドチャンプがスタート前にクラッシュしたりSC中にコースアウトするなんて聞いた事がありません。中国は体質が合わないのかも。

ミナルディはレッドブルジュニア改め"Squadra Toro Rosso"(Team Red Bull)になるとか。ジャンカルロおじさんも久々にTVに出てました。イタリアベースのチームということですが、マネージメントチームは大幅見直しになるんじゃないかな。

最後の2戦の印象は、レッドブルが意外と好調だったこと(コスワースが頑張っているのかな?)、BSタイヤというかフェラーリというかバリチェロが比較的安定したペースで走れていること、B.A.Rがメタメタなことですかね。
さて、来年に向けて各チームどんな風にクルマを仕上げていくのか。V8の非力さをカバーするにはCdを減らして、メカニカルグリップ重視にせざるを得ないでしょう。エンジンの味付けも色々考えられそう。ラジエータは小さくできるのかな?
[PR]
by qnot | 2005-10-16 17:41 | F1_2005
中国GP予選
バタバタしていて、じっくり見ていられない中国GP。
レース前に慌てて更新です。

佐藤くん、モントヤから2秒落ちですか。ライコネンは燃料を積んでいるらしいけど、モントヤはどうなんでしょう?
B.A.Rはメカニカルグリップの無さが今年の課題でもありましたが、佐藤くんも燃料満載?
今回、ホンダとHRDでユニフォームが違うんですね。これって、ひょっとして来シーズンに向けて何か意味があるんでしょうか?西山御大のページに出ていたHHKKさんのコメントが気になります。

シュー兄は6位ですか。細かく見ていないけどレース中はどんなペースになるんでしょうね。
気分は来シーズンに向かいつつ、最終戦。どんな展開になるのかな?
[PR]
by qnot | 2005-10-16 09:36 | F1_2005
面白かった!
F1日本GP決勝。

ラル夫くんが逃げ出した時は一瞬「ひょっとして!?」とも思ったんですが、世の中そうは甘くありませんでした。

1コーナ。マンセルのようにライン1本外してはみ出した(ちょっと違うか)佐藤くん。あそこで引けるようになると違うんだよなぁ。B.A.Rは2台ともピットストップ後にペースが伸びませんでした。この辺、思ったよりも路面温度が上がってしまったのか、それとももともとタイヤが上手く使えなかったのか。
序盤のつまずきでサーキット内は微妙な雰囲気だったかもしれませんが、シュー兄にアロンソとライコネンが追いついた頃から俄然盛り上がって来たんじゃないでしょうか。(ずーっと盛り上がりっぱなしか?)

シュー兄、アロンソ、ライコネンのバトルや、最後のフィジケラ対ライコネンのバトルだけとっても今シーズンで一番面白かったレースじゃないでしょうか。シケイン改修後は、130Rからシケインへのつっこみよりもシケイン立ち上がりから1コーナ飛び込みの方が抜きやすいのかもしれませんね。佐藤くんはシケインでのオーバーテイクが体に染みついていて、シケインにこだわりすぎたんじゃないでしょうか。現在、ヤルノとの接触は審議中らしい。そんなに審議ばかりせんでもいいのに。

終わってみれば日本勢はぱっとせず。勝つべき人が勝つという結果。レース前に1周0.5〜1秒は速いはずと思っていたマクラーレンとルノー。1周2秒も速く走ってました。やっぱりこの2チームは別格です。

フィジケラ、最後の最後に抜かれてしまいました。この辺はルノー(フラビオ)の今年のやり方にも問題があったんじゃないかと思います。フィジケラが今年何回か勝てていればあんなにあっさり抜かれたでしょうか?やっぱりあのオヤジのやり方は気に入らないなぁ。

最終戦は上の字!
[PR]
by qnot | 2005-10-09 18:21 | F1_2005
ラルフPP、バトン2位...でもレースペースが読めない!!!
F1日本GP予選。

雨のおかげとはいえ、トヨタとホンダがフロントロー。こんな時代がくるとは...
レース中のラップタイムが全く読めない今週末です。特にトヨタBスペックのレース中のペースがどのくらいなのか?ロングランでの性能がいいということらしいけど。
スタート直後にラル夫くんのペースが上がらなかったりすると、後方の速いクルマには有利かもしれませんね。

マクラーレンとルノーは他のチームよりも0.5〜1秒速く走れるはずですから、レース序盤にフィジケラが飛び出せれば逃げ切れるかも。アロンソ、マクラーレンの2台はどの時点で上位に上がってくるのかが見どころ。シュー兄もそれなりのペースで前にでてきそうです。

予選のS字での各車の動きを見ていて、思わず"佐藤くん遅い!!!"と叫んでしまいました。地上波解説陣は台本通り"タクマ攻めてる"なんてトーンでしたが、どう見てもステアリングの修正が少ない大人しい走り。アンダーが酷くて踏めなかったのか、慎重に、淡々と走ったからなのか??バトンくんはいつもどおりのスムースな走りなので安心して見ていられました。

ヤルノはデグナー2個目でスピン。Bスペックで走り込んでいないせいなのか、特に縁石やペイントを踏んだわけでもないのにいきなりリアが飛び出してどうしようもなかった様子。ドライではどんな感じのクルマなのかなぁ。

運もあるかもしれないけれど、いつもよりもレッドブルの2台の動きがいいような気がします。このへんはデビクル効果なのか。

実は、130Rとシケインが改修されてから鈴鹿詣でしていないんで、このセクションでのクルマの動きが良くわからないんですが、シケインの入り口ってどうなんでしょう???今日は雨だったので皆さん慎重だったようですが、やっぱりここが一番のオーバーテイクポイント。今回はレース展開がさっぱり読めないので、レース中のライブタイミングに要注目です。
[PR]
by qnot | 2005-10-09 04:49 | F1_2005
Sakon has done a tremendous job
日本GP金曜日。午後からちょっと雨降り。

山本くん、存分に楽しんだようですね!チームからのリリースからも高評価が伝わってきます。調子に乗って上海でも走っちゃおう!!!
イギリスでのテストでは、体力不足もささやかれていたようですが本人のインタビュー記事によれば、テスト開始前と後ではチームクルーの見る目が変わっていた事がわかったそうな。いいタイムを出すドライバーが来ればやる気も出るよね。

BS勢のミナルディとジョーダンでは、タイヤにグレーニングが出てアンダーが酷いとか。
ライコネンのエンジンばかりブローするのは何故でしょう???去年の佐藤くんのようだ。
B.A.Rは雨にもかかわらず、予定通りのプログラムをこなせた模様。

ザウバーの後藤さん。ラーメン屋へ行ったそうです。来年はBMWなのかな?


あぁ、鈴鹿が終わればあと1戦だけ(鈴鹿はまだ始まったばかりですが)。今年もあっというまにシーズンが終わっていきます。来年は2.4リッターへなちょこF1ですから、今のうちにしっかり見ておきましょう!
[PR]
by qnot | 2005-10-07 23:31 | F1_2005
11番目のチームはダラーラ??
週間エフ最新号によれば、11番目のチームはダラーラという説があるらしい。海外ソースでは1つも見かけませんが、実は、ミッドランドとダラーラは既に決別していて、ゲイリー アンダーソンデザインのミッドランド用マシンが残っているらしいという話も。

週間エフによればホンダとしては新チームを「ジュニア」として扱わず、あくまでも独立したチームとして運営してもらい、ドライバー選定にも口を出さないとか。一部ではチームはPIAA中嶋説も出ていますが、こちらもF1参戦失敗組ですよねぇ。一時期はティレルのピットにも入り込めて、ティレルおじさんと約束もしていたらしい中嶋さんですが、チームごとおかしくなってしまいましたね。

もうこうなりゃ何でもアリという感じ。珍しく情報がリークされなかったのは、ホントに動きが急だったからかもしれませんね。さて、どんなチームが出来るのか。楽しみに待ちましょう。

今日はよかったですが、金、土曜日と天気がくずれそうですね。鈴鹿に観戦に行かれている皆さんは体調にお気をつけ下さい。日曜はドライだ!
[PR]
by qnot | 2005-10-06 23:31 | F1_2005
F1 MODELiNG vol.26出てました
10月3日発売だったそうです。

今回はFW07C特集。本屋さんへ急げ!
[PR]
by qnot | 2005-10-04 23:47 | F1_2005
セカンドチームはARTA?ディレクシブ??
それともDOME???なんて話まで出ている様子。

佐々木さん退職もあって、この線か!とも思ったんですが、童夢F1説は林社長ご本人によって否定されたらしい。

いずれにしても日本系チームってことで、チーム力に関して非常に不安が多いんですが...
ディレクシブは9月初旬にマクラーレンの旧ファクトリーを買い取っているんですよね。このタイミング、微妙な感じ。しかも、昔のホンダエンジニアさんにとってはなじみ深いファクトリー。うむむ、あり得そう。出来ればチーム代表はクセモノを選んでほしいところ。バトンくんもいないことだし、リチャーズに復活してもらうってのもいいかな。

ARTA説はちょっと弱いかもしれませんね。走らせるだけのチームという位置づけもあると思いますが、どれくらいの人員を集められるのか。亜久里さんなら国内とF1を同時にハンドリングすることの大変さも理解しているでしょうし、国内の活動を停止してしまったら国内レースシリーズ自体がメタメタになってしまうかも。

いずれにしても、ホンダさん面白いタイミングで面白い発表をしてくれました。やっぱりセカンドチーム設立圧力って強かったんでしょうか。セカンドチームとワークスチームの関係がどうなっていくのか興味深いところです。レッドブルのように1年落ちシャーシを使うとか、テストデータを融通するとか、色々なやり方がありそう。
[PR]
by qnot | 2005-10-04 23:30 | F1_2005
A1参戦!?
日本チームとしては前回福田くんがA1に出ていますが、A1と関わりが深いpitpassに独占記事が出ています

時期は不明なものの、中国GP後の可能性が高いとのこと。まぁ、常識的なタイミングですね。記事が出たのがpitpassだけに信憑性も高いかも。バーニーはA1のことをあまり良く思っていないようだけど...

それにしても佐藤くんと福田くん。因縁の2人というか、陰と陽というか。数年前は同じようなキャリアをたどってきたこの2人、いったい何が違うんでしょうね。判官びいきではないけれど、福田くんにはもっと大暴れしてほしいなぁ。
[PR]
by qnot | 2005-10-03 23:06 | F1_2005