真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ:F1_2009( 90 )
地獄の沙汰も金次第
「異国でサンタが紙芝居」ってネタを大昔、ラジオの深夜放送で聞いた気がする。

さて、小林くんはロータスに売り込みをかけているようですが、トヨタさんはガスコインと円満に別れられたんでしょうか?表向きは取り繕ってましたし、払うものは払ったようですが...

そんなニュースのちょっと前に、ガスコインがドライバーは2人とも経験豊富な人がいいと発言したらしい。ヤルノとジャック!の名前が出ていて、ヤルノはともかくジャックはあまりお買い得とは言えなさそう。ジャックをとるなら佐藤くんの方がいいなぁ。
まぁ、空いている席はまだありそうなので、またシーズン開幕直前まで決まらないのかもしれません。

トヨタはMBOでチームを継続させるって話が決まっていたなんて情報も出てますが、そんな事書いちゃってプロのレースファンの人は大丈夫なんだろうか。トヨタの上層部に向けてお手紙まで書きはじめちゃって。
言わなきゃこっちが迷惑を被るというのはごもっともだし、日本人であることのハンディは自分も体験として共感できる部分もあります。でも、その視点は敗戦国日本の昭和人特有の考え方じゃないだろうか?日本式サラリーマンであることがヨーロッパ式に比べて劣っているのかと言われると、必ずしもそうでは無いと思う。日本人にとってはほとんどの戦場がアウェイなんだし。
日本チームであるか否かよりも、チームを代表する個人の資質の違いなんじゃなでしょうか?最近の日本人ドライバー2人を比べてもかなり違うと思うけど。

ルノーはきっと来年も走るんでしょうね。このチームも資金難だよなぁ。可夢偉くんが乗れたら応援しちゃうぞ!
[PR]
by qnot | 2009-11-07 02:48 | F1_2009
なんとかしてやれ
トヨタはヤッパリ無理でしたか。

山科さんの言葉に、ほんとにもらい泣きしそう。
パナソニックさんとか、なんとかならんのか?
[PR]
by qnot | 2009-11-05 00:30 | F1_2009
Banzai Japanese driver
夕日が沈む、アブダビGP決勝。

小林くん、世界中のF1オタクの心をワシづかみ。海外のBBSでもSato以来の盛り上がりっぷりです。
ヒューエットさんもコメントしてましたが、トヨタは小林くん当確でしょうね。レースに強いドライバーってのはいい。バンザイアタックと言われているけれど、インから押し出す訳ではなく、ブラジルでは中嶋くんとの中途半端な接触もあったけど、そんな事はすっかり忘れさせてしまうような走りっぷり。何年も前から走っていたような錯覚さえ起こさせるような馴染みっぷり。

レッドブルの2台にバトンという表彰台、バリチェロは接触があって不運だったけど、フェラーリ、マクラーレンというこれまでの主役が沈んで、新しい流れが続いていくのかもしれません。まぁ、来年は来年だけどね。

バリチェロはウイリアムズへ。ザウバーは?中嶋くんは?佐藤くんは??USF1は?名前だけ復活のロータスは?ブリヂストンは契約更新せず最後の1年に。
次はミシュラン?ダンロップ?エイボン?それともクムホ??ピレリ?露出度は高いけどやり続ける体力があるのかな?

あっという間にシーズン終了です。フジのNEXT戦略に始まって、逆風ばかりのこの1年。来年は追い風になるんだろうか。
[PR]
by qnot | 2009-11-02 22:40 | F1_2009
アブダビGP 予選
地図で見ても、UAEってホントに砂漠の中ですね。

人工的な街のはずれにある人工的なサーキット。20世紀に思い描いていた21世紀の世界はここにあるのかもしれない。

最終戦を前に、アロンソは、「R29はグリッド上で一番遅いクルマ」と言うし、コバライネンは「マクラーレンはハミルトンを中心に回っている」と言う。中嶋くんは何か言っておかなくていいのか?
マクラーレンの2人目は、キミがいくらで納得するかにかかっているようで。そうなると、本当に最後のレースになるかもしれないなぁ。

トヨタは、最悪、撤退。継続するにしても予算さらに大幅カット。チームとしてはヤルノと小林くんを考えているかも。問題はヤルノがお値段据え置きか値下げを受け入れられるか。新しいチームで一から始めるよりも、トヨタのパッケージは勝てる状態になってきていると思うんだけどねぇ。

PPのハミルトンは、レース序盤に何か起きるかもと読んでいるのか?速さだけだったらベッテルかウェーバ。いつの間にかブラウン勢というパターンもありかも。
[PR]
by qnot | 2009-11-01 21:23 | F1_2009
ブラジルGP決勝
バトン、ついにワールドチャンプ決定。バトンらしい決め方。マンセルほどじゃなかったけどここまで長かったね。チーム移籍に関わるドタバタがあったり、チーム体制やマネージメントに足を引っ張られた部分もありますけど、彼の場合、いいパッケージが手に入らないと勝てなかったという側面があったと思います。
いいパッケージを作っていけるタイプではない。

中嶋くんと小林くん、双方ともに気合いが入ってました。2人とも性格が一番よく出たレースだったのかも。どちらが生き残れるのか、そのうちにわかるでしょうね。

スーティルとヤルノの接触は派手でしたが、ヤルノにしてみればサイドバイサイドなのはわかっていたのに押し出されたと感じたんでしょうし、スーティルにしてみれば、行き場所が無いなら引けよという言い分でしょう。久々に怒っているドライバーが映像に映ったんで楽しかったです(笑)。

ワールドチャンプとFIAの会長が決まって、興味は既に来年のエントリーチームとシート争いに移っていますけど、ルノーがチーム売却とか、バトンがマクラーレンへ?(多分契約金交渉のネタでしょう)とかUSF1がグリッドにつけないんじゃないかとか、いろんな噂が飛び交っています。うわさ話も面白いけど、今年のはイマイチ信憑性にかける話が多い気がします。

そういえばF1 MODELiNG Vol.40が出てました。F1のハード面に特化した雑誌として、貴重な存在です。ある程度の部数は捌けているんでしょう。自分みたいな固定客を逃がさない事が肝心。マシンだけじゃなくて、来年は無くなる予定の給油装置とか、ピットの中のハードウェアももっと見せてもらいたいけど、難しそうだなぁ。あと、各社のヘルメット比較とか、ブレーキディスク比較とかも面白そう。ステアリング比較も面白そうだけど、写真撮らせてもらえないか。厳しいご時世ですが、頑張ってもらいたいです。
[PR]
by qnot | 2009-10-25 00:01 | F1_2009
一貴の目の色が変わった
カラーコンタクトの話じゃなくて(爆)

ブラジルGP 予選。
雨で大荒れの中、ウイリアムズ勢好調です。二コだけじゃなくて。予選の映像を見ていると、中嶋くんの顔つきが日本GPとは全く違っています。仲良し可夢偉くんのデビューと無関係ではなさそう。来年に向けての状況が変わったからではないかと勘ぐっています。

トヨタのシートで落ち着くかな?と思っていたところへ可夢偉くんがデビューして、「負けちゃいかん!」という事になったんじゃないでしょうか?トヨタ首脳陣が可夢偉くんに厳し目の評価をしていることもあり、今回のレースで比較テストしているのかも。
中嶋くんはスタート時点では重めのようですし、ファステストタイムを比較してもまずまずのペースですので、何もなければ遅すぎた初ポイント獲得となるのかもしれません。来年のトヨタは日本人2人にするほど経済的な余裕が無いんじゃないかな?最近Panasonicと接近中の佐藤くんの去就も気になります。

もう一人、今までより頑張っているのはキミ。こちらも契約締結に向けていい所を見せようとしているような気がします。お尻に火がついた人とバトン、バリチェロ、ベッテル以外にはただの消化レースなのかも。バトンは今回も「バトン病」発病でしょうか。バリチェロとの差は説明できません。

ブラジル入りしてから発砲事件に遭遇したらしいフジTVクルーと某解説者。CSで「生きるか死ぬか」ってコメントが多かった気がします。みんな人生とか命をかけて仕事してるんだよね。

結局、ルノーはグローージャンが乗っているのね。こちらも消化レースなのかな。レースについては気が向いたら、次の週末にでも。バリチェロ優勝、バトンリタイアとかだと面白いかも。でもアブダビって、ストップ&ゴーサーキットっぽいんだよなぁ。
[PR]
by qnot | 2009-10-18 16:37 | F1_2009
来年のシートは?
日本GP前にはトヨタが撤退するかもなんて噂も流れていましたが、実際はどうなんでしょうね?リコール問題、アクセルペダルが戻らなかった原因って本当にフロアマットなんでしょうか?

で、ここにきてブラジルGPにグロッグ欠場で小林くんリリーフのニュース。「今年で終わりかもしれないから1戦だけでも乗せてやれ」ということなのか、「来年のレギュラーだから今から走らせとけ」なのか、それとも本当に「グロッグに別の怪我がみつかったんで仕方がない」なのか?2つ目だといいんですけど。

トヨタ系だと中嶋くんはちょっと絶望的かもしれません。ウイリアムズがエンジン変更というのはほぼ間違いなさそうだし、トヨタと切れたら中嶋くんを乗せるとはとても思えません。本人は最近元気なさそうだし。グロッグが契約金に納得しなければ空きができそうですけど、あえてナカジマを選ぶかなぁ。

あと、今までいい所全くなしのルノーのグロージャンもブラジルからディ グラッシと交替という噂も。
新規参入チームでは、マノー、USF1、カンポス、ロータスが確定。元BMWはウイリアムズの反対もあって微妙な状況とか。

ひととおり、各チームのシートに名前を書いてみたけれど、ハッキリしているのはフェラーリくらい。チームの存在すら良くわからん状況なので、のっけるはやめました。
佐藤くんの就活は上手く行っているんだろうか。日本人ドライバーは最低でも2人いないと日本GPの客入りがもっと悪くなっちゃうぞ!
[PR]
by qnot | 2009-10-11 16:18 | F1_2009
鈴鹿F1 日曜日
日曜日も朝からジリジリと陽が照っています。レース日和。

白子駅からサーキットまでは、バスが順調に動いていておよそ30分。思ったよりも早く着いてしまいました。

流石に日曜日は人も多くて、うろつく気にならず。唯一見かけた有名人は、トヨタブースの前で大林さんが人込みの中を移動していたくらいです。大林さん、大勢いる中でも目立ってました。
その後、トヨタブースのステージには浜島さんゲスト出演。ややお疲れ気味に見えたのは気のせいでしょうか。

ドラパレでは立体交差を過ぎたあたりでハミルトンアロンソの乗ったクルマが故障。急きょアロンソハミルトンと相乗りとなりました。アロンソがマクラーレンにいたときは因縁の2人。特に微妙な雰囲気もありませんでした。[追記]撮った写真を見直したら逆でした(爆)

コースオープン後、一番周回数をこなしていたのは中嶋くん。何をどうしても上手くいかないみたいです。そして、レースはご存知のとおり。ヤルノはいい仕事をしちゃって、それでも契約更新なしですか?

会場にはトヨタキャップの人たちも大勢いて、ピットストップの後でハミルトンの前に出た時は、どよめきと拍手が。ベッテルは文句なしのポール トゥ フィニッシュ。クルマも鈴鹿に合っていたみたい。

レース後は西コース開放でした。入場待ち約30分。デグナーと130Rじゃない130Rのあたりが大人気でした。デグナーの1つ目アウト側には擦り板の跡が沢山。右側の縁石で浮かせておいて、2つ目の左側の縁石のチョイ前でボトミングという感じ。荷重移動としても納得な流れでした。
意外だったのは、ヘアピンに向かっての坂が結構、急だったこと。後は、シケインへのブレーキングが思ったよりも早めだったこと。ポルシェカップもやってたので、そちらのクルマの跡かもしれないなぁ、などと考えていました。

帰りのバスも乗車まで20分待ちくらい。駅までは専用道路で渋滞なし。白子駅では乗車券購入行列が長く伸びていました。ホームまでたどり着いたら、いいタイミングで臨時急行が到着。ラッキー
なことに座れました。

歩きすぎて足にマメができたけど、さすが鈴鹿。素晴らしい運営でした。西コースも再舗装した方がいいかもね。
[PR]
by qnot | 2009-10-05 08:11 | F1_2009
鈴鹿F1 土曜日
びっしょり濡れた靴や雨具もホテルの部屋に広げておいたらカラカラに。
現地も昨日とは一転、いつもの暑い1日になりました。絶好のレース日和。

やっぱり人出は多くて、いつもの鈴鹿F1が帰ってきたという印象です。白子駅からバスで移動したんですけど、何と!サーキットまでの道路が一部、荒地に簡易舗装の専用道路になっていて、30分もかからずに駅から移動できました。富士の事件みたいにさっそく一部舗装が剥がれてましたけど(笑)こういうことが出来ちゃうのが鈴鹿市の素晴らしいところ。モータースポースの民度が高いよな。まぁ、それだけ地元や周辺地域に還元されているという事でもあるんでしょうけど。いい流れがこれからも長く続いてほしいです。

今日はP3からみんな気合い入ってました!リウツッイくんを除いて。
速かった人はさておき、攻めているように見えなかった人。それは中嶋くん。予選中なら...とちょっと期待もしたんだけど、プラクティス、予選を通じて「無理をしない」走り。クリップが出ないクルマで走っている本人もとても冷静なんだろうなぁと伝わってきます。キミはやる気があるときと無いときではっきりとブレーキングポイントやラインどりが変わるんで、とてもわかりやすい。ちっちゃいチームに行くことはないけど、まだF1で走ってほしいぞ。

そのキミに追い出されるかもしれないコバライネン。お尻に火がついた状態で気合いは入っているんでしょうけど、ハミルトンやアロンソと比べるとクルマを限界まで持って行けてない感じがします。かといって、バトンほどスムースというわけでもなく。最後はデグナーで突っ込みすぎでしたね。

ブラウンの2人はギリギリ感がないというか、無理やり曲げているんじゃなくて、クルマが自然に曲がってくれる印象でした。バリチェロはもっと振り回すのかと思ったら、意外と地味でした。

Q2で落ちたアロンソ。もはや勝ちにいくというより楽しんでいる感じ。予選よりもプラクティスの方が頑張っていたような。レースではうしろからじわじわと上がってきたりして。

グロックは、足を切ったのと背中の痛みだけで済んだようで無事で何より。あそこは飛び出す場所じゃないんで、ステアリング系のトラブルのような気もします。ちょっとヒヤッとしました。黄旗がらみでペナルティも出たんですね。

さて、今日はカメラマンの熱田さんと松本さんが土手の上にいました。予選が終わってからBSのブースに行ったら辻野さんが司会で、グロージャンがスペシャルゲストでした。グロージャンの通訳をやっていた人。うまいことフィルターをかけて無難な回答にしてましたね。BSブースのフェラーリが幕で隠されたんで、何かやるのか?と思ったんですが、やっぱりルノーのドライバーの横にフェラーリじゃイカンでしょという細かい配慮ですね。

サーキットでビール飲みながらレースの写真撮っていられるなんてシアワセだぁ。先の事は考えずに今はシアワセを満喫よう。
[PR]
by qnot | 2009-10-03 21:30 | F1_2009
鈴鹿F1 金曜日
びしょ濡れだぁ。

途中、シンガポールGPが飛んでますが、何とか鈴鹿に来ることができました。
ご存じのとおり、P1はチョイ雨。P2は土砂降り。最後、40分くらいから雨が小降りになってきたんで、あきらめずに粘っていたら、それなりに走ってくれました。多分、ファンサービスが半分くらいじゃないでしょうか。
午前中はガラッとした印象もあったけど、午後にはそれなりに人も増えていたんだけどねぇ。

今年の鈴鹿。移動通路からコースが見えないように一面にシートが張られています。カメラオヤジが「全然ダメ、全部張られている」なんて携帯で誰かとお話してました。
私も仕方がないので、指定席(と言いつつブロックの中はガラガラなので好きなところに座ってました)で観ることにしました。一応、エキストラ・ビューエリアってのがあってシートが張られていないんだけど、今日見た範囲ではイマイチでした。

雨なんでルノーでの見納めのアロンソとか、ホントに引退しちゃうかもしれないキミや同じく見納めのフィジコ、トゥルーリも来年はどうするんだろう?なんて考えながら写真を撮ってました。
こんな天気なんで、タイムはますます当てになりませんね。

さて、会場では佐藤くんがゲストで大活躍。小倉さんが普通にその辺を歩いていて、サインしたり写真を撮ったりしてました。イベント用のステージでは、Stinger編集長の山ちゃんを初めて生で見たし、その後のステージでは今宮さんも何やらしゃべっていました。木曜日の夜、吉本くんと可夢偉くんは焼き肉をたらふく食べたそうな。まさか翌日に走るとは思っていなかったんだろうね。

明日は今日よりも天気よさそうだし、混みそうだなぁ。靴の中までぐっしょりなんだけど、乾くだろうか。
[PR]
by qnot | 2009-10-02 19:11 | F1_2009