真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:F1_2009( 90 )
バトン病
いやー、気がつけば2週間も間が空いてしまいました。

シュー兄は走らないし、マクラーレンは復活、BMW撤退後ザウバーさんは涙目、バリチェロは久々に優勝!でバドエルは辛そうだし、中嶋くんは相変わらず噛みあわず。
そんなヨーロッパGPでしたが、チャンピオンシップ争いはやっぱりレッドブル対ブラウンなのかな。気になるのは、クルマが悪い時のバトンくんの調子。去年の走りが復活しつつあるような。

ウイリアムズがトヨタエンジンを嫌っているという話もあるんですね。という事は中嶋くん放出ですね。それでトヨタはヤルノとの契約を渋っている訳ですか?それ以前にトヨタは来年度以降のチーム運営予算の確保の方が重要課題?

日本GPはあと2年は鈴鹿で決まったそうで、とりあえずよかったよかった。アジア圏で淘汰されるのはどの国なんでしょうね。鈴鹿は鈴鹿市を挙げてF1招致に力が入っている点もいい感じかも。
ここまで来るとマスコミがモータースポーツを無視したり否定的な論調でしか扱わないのも奇異な感じがしてきます。
マスコミの論調と世論のずれってのが大切なんだろうなぁ。マスコミが煽って世論を作りだして世の中が回っているという側面があると思うんですが、そんなマスコミの人達って世代交替しないんだろうか。いつまでたっても同じ論調で、既得権の確保とお互いの足の引っ張り合いばかり。

この数週間、ドタバタしていてしばらく放っておいたMacのバッテリが空になってました。充電しつつ久々に起動させたら何故か無線LANを認識しなくなってました。ここぞとばかりにTime Capsuleでロールバック開始!したのは良かったのですが、前の環境に戻すのに無線LAN経由でやったのが大間違い。終了まで9時間かかりました(爆)。TCはEthernetケーブル直結で使うべし!
[PR]
by qnot | 2009-08-23 23:13 | F1_2009
USGPEとYoutube
Tech CrunchにF1ネタが。

USGPE(元USF1)のスポンサーとして、Youtubeと大手家電量販店のBestBuyが交渉中らしい。目指すはAll Americanだぁ。持参金付きドライバーを断っているらしいし、資金集めは順調な様子。

潤沢な資金でアメリカンなチームがどこまで戦えるのか?やっぱりアメリカンな技術陣が集まるんだろうか。
[PR]
by qnot | 2009-08-08 23:30 | F1_2009
協定締結
あら、もう1週間かかると思っていたら、先週末にはコンコルド協定が締結された模様。
これで論争はひとまず終結かな。次は会長選挙か。

BMWは撤退ですが、ザウバーはメンバーに入っているらしい。何とか生き延びられるのか?新規参入チーム以外に買い手があるんでしょうかねぇ。

シュー兄のムジェロテスト。2007年型で走ったそうです。これにFIAが横槍を入れて、調査を実施するとか。多分、問題にはならないでしょうけど他チームとの関係もあるから、調べとかないとね。
本当に走るのかぁ。未だに信じられなかったりして。
[PR]
by qnot | 2009-08-03 05:47 | F1_2009
コンコルド協定交渉中
7日頃までに締結完了予定のコンコルド協定。

その直前にBMWが撤退を表明。理由はあるにせよルノーには出場停止という厳しいペナルティ。水面下では何が起こっているんでしょう?まぁ、やめるなら今が正しいタイミングかもしれません。

シュー兄復帰、期待は高いようですが、いきなり乗って表彰台だったりしたら他のドライバーは何やってんの?って事になりそう。マンセルが復帰した時とはちょっとクルマの状況も違うし、サーキットにいても実際に走っていたのは2輪だったり。でも、ひょっとして?と思わせるのは、やっぱりシュー兄だよなぁ。

順調に回復中のマッサには悪いけど、鈴鹿でも走って欲しいぞ。
[PR]
by qnot | 2009-08-01 07:34 | F1_2009
F1は時代遅れ
BMWも撤退ですか。モズレーの狙い通りかも。

撤退の理由が、「F1よりも優先度が高い分野があるから」というのは、こんなご時世でF1なんてやってられないよ!というふうに言い換えられそう。同じドイツ勢のメルセデスは継続の意志表示。トヨタも変わらないらしい。次はルノーかもね。フラビオがなにか悪巧みしているかも。
[PR]
by qnot | 2009-07-29 23:21 | F1_2009
マッサは無事らしい
ハンガリーGP 予選Q2。

バリチェロのクルマから落ちたスプリングがマッサのコックピットに飛び込んでマッサがクラッシュ。メディカルセンターから病院に運ばれたようですが、マッサは無事らしい。
メディカルセンターにはバリチェロも駆けつけていたそうな。こういう事は続いて欲しくないですね。

で、アロンソポールですか!マクラーレンの復活(ここだけかも)も驚きです。
ピケの替わりは誰になるんだろう。アロンソとこれだけ差がついちゃうと言い訳できないわな。

[追記]
マッサくん頭蓋骨に損傷ありで手術が必要な模様。今期はもう難しいかも。で、代わりは誰に?
[PR]
by qnot | 2009-07-25 22:38 | F1_2009
紛争再燃?
FIA対FOTAの続きが。

モズレーが"FOTAは2010年のテクニカルレギュレーションを決められない"と言っていましたが、ニュルで行われたテクニカルワーキンググループの会合でチャーリーから「あんたらは正式にエントリーが終了していないから、投票権無しだよ」と言われて、FOTAの8チームが退席したとか。

FIAとエントリー済みのチームが決めたレギュレーションを呑めるならFOTAチームのエントリーを受諾するって事らしい。決められたレギュレーションがおかしなものでなければいいんですが、ウイリアムズは別として、フォースインディアと残りの3チームではまともな議論ができそうな気がしません。一番オイシイ立場にいるのはウイリアムズかな。

FOTA側が過剰に反発しなければいいんですが...
[PR]
by qnot | 2009-07-09 07:42 | F1_2009
独立した企業として
FSWのF1開催断念の会見中、「国内のレースのお客様が激減」という話が出たそうな。

FOAへの上納金や運営費用を考えると富士スピードウェイ株式会社としては通年での赤字が避けられず、国内レースだけでも企業として黒字化の見込みがないという事情があるんじゃないかと推測されます。

今やレースイベントは単体で赤字が当たり前なんでしょうか?
クルマは「悪」という風潮も手伝って、サーキットまで足を運ぶ人は年々少なくなっているように思えます。何よりもサーキットで見かける20代の人の少なさは不思議なほど。

レシプロエンジンに関する技術は飽和気味だし、電気自動車にはエンジンのように精巧だけど暴力的な魅力がない。クルマ自体のありかたが変わって行く中でモータースポーツ自体のあり方や存在価値を創造する営みは行われているのでしょうか?このあたりの根っこの部分、F1の迷走ぶりと無関係でも無いような気がします。

レガシーなレースは、プロレスと同じ道をたどるのかもしれません。

「ママチャリグランプリ」みたいな参加型イベントは人が集まるんだから、サーキットは設備貸し産業としてイベント内容をもっと多角化するしかないんじゃないかな。もちろん、人数は少なくなったとしてもクルマが好きな人は、自分のクルマの限界まで思いっきり走ってみたいよね。

やっぱりF1だけ観に行くという人は、「普通の人」なんだろうなぁ。TVの前で観ているのと同じ環境じゃないと納得しないんでしょ?「鈴鹿」ブランドもいつまでもつんだろう。
[PR]
by qnot | 2009-07-08 03:25 | F1_2009
レーシングドライバー 佐藤琢磨氏
こんなところに佐藤くん

内容は大した話じゃないけど、肩書きは「レーシングドライバー」。
来年はどっかで走ってくれるんだろうか?

この記事、東京ガスだけでなくパナソニックとも深い関わり(というか広告)があるようなんですけど。こんな所に出られるってことは、今は完全にフリーなのね。何かいい話につながらないかな。
[PR]
by qnot | 2009-07-06 01:06 | F1_2009
FIAはF1だけやっているわけじゃない
一度は歩み寄りを見せたFIAとFOTA。

イタリアでのモンテツェモーロFIAT会長の会見の内容が気に入らず、モズレーが「訂正しないと10月にやめるのやめるぞ!」とお手紙を書いたらしい。

その後、FOTA側は記者会見を行い合意事項とファンを大切にするF1の将来について発言。
さらにトヨタのハウエットが「次の会長はモズレーと関係ない人がいい」と言ったり、マノーがエントリーリストに入れたのはFIAのスチュワードからのご紹介があったからではないか?とか反モズレーのネガキャン続行中。

追いつめられたモズレーはFIAの下部組織である各国の自動車連盟にFOTAの悪口を書いたお手紙を送った模様。

このF1レギュレーション問題。FIAの存在自体にも影響を及ぼしつつあるようです。つまり、メーカーと独立であった自動車連盟がメーカーのトップに乗っ取られるかどうかの瀬戸際にあるという状況なんじゃないでしょうか。で、モズレーは焦りだした。「前から言っているように10月の選挙には出ないって言っただけ」なのに..

大不況下の自動車業界でFIATは一番元気がありそうだし、この機に乗じてFIA内でのメーカー側の発言力を強化しておきたいと考えても不思議じゃない。

相手を尊重しないやり方を続けると、共存共栄のためのパートナーシップが破綻するといういい例ですね。バーニーからの分配金不払い問題もあって、風向きはFOTA側に有利になっていると思うんだけど、モズレーは10月の選挙に向けてどう戦うんでしょう?選挙すら吹き飛ばしたりして。
こんなにモメるなら、またFIAとFISAに分割しちゃえば?
[PR]
by qnot | 2009-06-28 09:32 | F1_2009