真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
<   2005年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧
ニコがウイリアムズのテスト
2世ドライバー、ニコ ロズベルグがウイリアムズのシルバーストーンテストに参加。27日はウェーバの0.3秒落ちで2番手、28日は走ったドライバーの中でトップ。タイムアタックをしてそれなりのタイムを出せているようです。
サム マイケルも"Nico was useful straight away with the test programme"って言ってますね。


ラルフのペナルティに関して、トヨタは訴えを取り下げたようです。この動き、B.A.Rの一件が何かしら影響を与えている感じも。
[PR]
by qnot | 2005-04-30 00:55 | F1_2005
Power Mac G5 スピードバンプ
Tiger発売に合わせて、とりあえずちょっとだけスピードが上がりました。

それはさておき(爆)Apple Chinema Display 20インチがついに10万円を切りました。こっちの方がニュースかも。液晶の価格はどんどんこなれていきますね。

デスクトップタイプのMacintoshってフツーの人が使うにはオーバースペックだと思うことがあります。デカイし(笑)
Windowsが動くPCでもそうですが、私の経験では動画のエンコードかムツカシイ計算を専用ソフトでやるとき以外はほとんどアイドル状態です。
動画の編集については、処理速度よりもハードディスクの速度の方が重要な気がします。まぁ、一瞬のパワーのためには必要なんでしょう。
[PR]
by qnot | 2005-04-28 07:27 | Mac
隠しタンクってどんなタンク?
B.A.Rのニック フライがロイターの取材に答えていたようですね。

"何も隠してはいない"

というあたりを強調しているようです。"FIAもシステム構造について良く知っている"そうなので、その通りなんでしょう。
これを読んでいて、「隠しタンク」とか「サブタンク」ってどんな形状なんだろうと考えてみました。
「隠しタンク」というと別の小部屋があるような印象を受けますよね。でも、メインの燃料タンクが1つあるだけでその他に特別なハコがあるわけじゃないんじゃないかという気がしてきました。1つの燃料タンクだけど、燃料を入れていないときの車重が600kgよりも軽いだけ。

予選、プラクティス時に600kgの車体に+5kgの重りを物理的に取り付ける手間を考えると、「燃料をバラストにしちゃえ」と考えても不思議はありません。燃料タンクは車重が変化してもヨー方向の重心位置ができるだけ変わらないように設計するのが常識。バラストの取りつけ位置として最適です。

問題は、燃料タンクが空のときに車重が600kg未満になっちゃうことなんだな。そのためにいらぬ疑惑が発生しているわけです。こうなると-5.4kgの理由(タイヤの摩耗とか、冷却水やオイル漏れとか...くるしい)を説明するしかなさそう。もともと-5kgくらいで設計してそうだなぁ。
以上は私の推測ですのでホントのところは4日以降に明らかになるかもしれません。

背後に別シリーズ設立とからんだ政治的な動き(日本勢はGPWCに最後に参加しましたから、引き抜きやすくみえますね)もありそうで、ちょっとイヤな感じ。
[PR]
by qnot | 2005-04-28 06:34 | F1_2005
B.A.R訴えられる
バトンくんの車検問題です。

どうも、FIAはB.A.Rの燃料バラストに前から目をつけていたらしい。オーストラリアでは下位に沈んでいたし、その後はちゃんとゴールできていなかったのでたまたま指摘されなかっただけで、今回は「待ってました!」とばかりに最低重量のチェックをしたそうな。

FIAが気にしているのは、レース中(ピットストップ直前)の最低重量が規定以下になっていないか?という点。
BBC Sportによれば、バトンくんのクルマは燃料を抜いた状態で594.6kg。5.4kg足りません。燃料をバラストに使う理由は「隠しタンク」くらいしか思いつきませんから、道義的にFIAがクレームをつけたい気持ちは納得いきます。

レギュレーションでは「予選、プラクティス中は605kg以上、それ以外は600kg以上」であることが記述されています。車検で燃料を抜かれる前のバトンくんのクルマの重量は、606.1kg。レース中に600kg未満になっていなければOKなはず。
B.A.Rは「詳細なデータ」を提出してスチュワードからOKをもらっているので、レース中に最低重量を下回っていないことを示せたんだと推測されます。スチュワードがシロと判断したのもその「データ」を信頼したからでしょう。

でも、あえて600kg以上であることを証明しにくい形でバラストを作ったB.A.Rの姿勢は非難されても仕方がありません。バラストに燃料を使う明確な理由が説明できるんでしょうか?
そこんとこをはっきり聞きたい!
[PR]
by qnot | 2005-04-26 07:37 | F1_2005
バトンくん車検OK
車検場で夜遅くまでもめていた、バトンくんのマシン。

最低重量が足りないのでは?という疑惑だったようですが、問題なし!の裁定が出されました。

よかった。
[PR]
by qnot | 2005-04-25 06:18 | F1_2005
サンマリノGP決勝、フェラーリ、B.A.R完全復活!!!
シュー兄、バトンくんのレース後のインタビューが全てを語っていました。あぁ、お兄さん!予選のミスさえなければ...

B.A.R
バトンくんも佐藤くんも思った通りの結果。予選2回目の驚異的なペースが、それほど軽い状態でのアタックではなかった事を考えると、レース終盤、ペースが上がらなかったのが今後の課題でしょうか。でも、アロンソも後半つらかったようだから今回はBSタイヤが良かったという側面もあるんでしょうね。1周目にウェーバーに差し返されたときの佐藤くんの動きは、彼の成長を感じさせました。
バトンくんのクルマが夜になっても車検場に残されているらしい。何かイチャモンをつけられている模様。ちょっと心配。

フェラーリ
さすがお兄さん。F2005もBSタイヤも凄いです。ただ、ただ凄いです。レース中のFastestも出しちゃって、もう、スゴイです。バリチェロのリタイアは電気系だった様子。この辺が心配かな?

ルノー
アロンソの絶好調ぶりに対して、フィジケラのリタイアは解せません。チームとしては2台揃ってポイントを取り続けないとねぇ。今回のリタイアはフィジコにとってもチームにとっても良くない結果ですね。

マクラーレン
ライコネン、久々にいいペースで飛ばしていたのにねぇ。ドライブシャフトが折れちゃったそうな。ドライブシャフトが折れてリタイアってコメントは久々に見ました。パーツの品質の問題なのか? ブルツくんがキッチリ結果を残しているのが印象的です。これでマクラーレンもトップ争いに復帰ですね。今年の上位争いは厳しいなぁ。

ウイリアムズ
ピットストップまでのウェーバーの動きはなかなかのものでした。なかなかトゥルーリの前に出られなかった上に、佐藤くんに抜かれてしまった時点でフランクの眉間のシワが一段と深くなった感じがします。

トヨタ
トゥルーリは決勝に向けてスピードを取り戻してきましたね。後半にかけてオーバーが酷くなってしまい、ペースが上がらなかったようです。やっぱり今回はクルマが決まらなかったなぁ。

ザウバー
ジャックくん、予選からいい感じのペースでやっとポイント獲得。ペーターさんはクルマが良くなったと喜んでいましたが、予選での速さが欲しいですね。ジャックにとっては馴れたサーキットで走りやすかったかな?

レッドブル
今回は"ハズレ"だったレッドブル。リウッツィくんは淡々と走ってクルサードの前でフィニッシュ。淡々とね。後半、体力的につらかったみたい。次に期待しましょう!


次はアロンソの地元、スペインGP。カタルーニャサーキットは、各チームともデータを豊富に持っているはずなので濃厚な戦いが予想されます。ここで勝つのは大変ですよ!
[PR]
by qnot | 2005-04-25 04:13 | F1_2005
予選の結果に悪態をついてみる
見直し議論中の予選方式。

サンマリノGPの予選結果が出ました。左が土曜日の1回目。右が日曜日2回目。
a0023915_1817404.jpg


こんな感じ。B.A.Rの2台は明らかに燃料軽めでしょう。(佐藤くん頑張った!!)あとはシュー兄がミスっただけ。こんな2回目予選やる意味があるんでしょうか???

なんて見直し中なのでちょっと強気に書いてみたりして(笑)
[PR]
by qnot | 2005-04-24 18:20 | F1_2005
サンマリノGP土曜日
まずはニュース。
RedBullのフェラーリエンジン獲得と、"ブラーボゥおやじ"が2006年まで契約延長。ヤッパやめさせてもらえませんな。

RedBullのニュース。これでザウバーがBMWをエンジン獲得するという噂もホントらしくなってきました。BMWがザウバーを買収するんじゃないか?という噂もあるんですが、いきなりそこまでするのか???という気もします。

さて、予選1回目の結果。

トヨタ
今までの勢いが見られず失速中。スピードトラップでの最高速が低すぎです。何とトゥルーリの最高速は、ジョーダンよりも遅い298.3km/h! この最高速でも区間タイムは頑張っているので、縁石越えに耐えられるサスペンションセッティングでトラクションが不足、何とか取り返そうとして重いウイングという悪循環に陥っているんじゃないかと勝手に推測してます。硬いタイヤが当たるのか?今回はつらそう。

ルノー
苦戦中のトヨタと正反対なのが、アロンソくん。
スピードトラップでの最高速は310.7km/h。思いっ切りウイングを寝かせているとしか考えられません。中速コーナが続くS1のタイムはシュー兄に負けています。タイヤには厳しいかもしれませんが、レースでは抜きにくそう。新しいフロントウイング使ってますね。
[追記]
画面で見る限りあまりウイングは寝てませんね(爆)。ということはエンジンパワーがあって、トラクションがバツグンってこと?すげぇ。

マクラーレン
やっと復活ライコネン。S3以外はアロンソよりも速いです。B.A.Rの2台と同様にリバッツァでアンダー気味だったのかな?基本的にはしっかりとダウンフォースを付けるタイプのセッティング。こういう時にミスをしないライコネンはさすがです。さて、今回大注目のブルツくん。全ての点でライコネンの後を追いかけている感じ。うむむ。

レッドブル
もう一人注目のドライバー、リウッツィくん。チームメイトとセクタータイムを見比べるとS2だけ負けてます。贔屓目で見ると早めの順番で走ったのによく頑張った!(笑)ひょっとしてトサでミスった?(ちゃんと放送してくれぇ、地上波!!)

フェラーリ
そろそろ結果が欲しいところ。シュー兄のタイムの出方が暫定ポールのライコネンと同じなので、普通に速そう。今回はタイヤ的には余裕がありそうなので、いかにグリップを使い切るかというところがポイントかも。S2でライコネンに離されてしまったのは走った順番のせい?

ウイリアムズ
意外といいところにつけてます。特にS3が速いです。低速コーナからの加速がいいのかな?半分はドライバーに助けられた感じもあります。

B.A.R
今度こそは!という意気込みは伝わってくるんですが、結果につながっていません。バトンくんも佐藤くんもS2でもうちょっと頑張れればなぁ。この辺はシュー兄同様に走った順番のせいでしょうか。復活は間違いないです。2人の差はS1、S2と0.05秒くらい。S3はリバッツァでアンダーを出しちゃった佐藤くんの負け。

予選1回目で目立ったのはジョーダンのカーティケアン。チームメイトより2秒も速い!!!
もう一人は、ミナルディのアルバース。スピードトラップで309.2km/hはアロンソに次ぐ2番手!!!
明日の天気予報は、当初、雨でしたが午前中は何とかドライのまま持ちそうな感じ。予選2回目もこのままのコンディションで走ってもらいたいなぁ。
[PR]
by qnot | 2005-04-24 02:26 | F1_2005
金曜プラクティス終了
ライブタイミングで、プラクティス2回目を見ました。

速いはずなのに結果につながらないマクラーレン勢、またしてもデ ラ ロサが好調なところを見せてくれました。今度こそは予選につなげたいところ。ブルツくんガンバレ!

好調が予想されていたB.A.R勢は、バトンくんが1回目3位、2回目2位とやっぱり好調。佐藤くんは2回目に相対的に沈んでしまいましたが、明日に向けて頑張ってもらいたいところ。

常勝ルノー勢は、アロンソがケチケチ作戦。セクター1、2では速いので予選に向けてタイヤ温存中という感じ。

注目のフェラーリ勢は、シュー兄もバリチェロも22秒台。悪くないですね。今回の予選は激戦になるかも。

問題はリウッツイくん。だめじゃん!もう少しするとコメントが出てくるかな?
デビクルより前に出なきゃいかんですよ!!

今回、トヨタは沈み気味ですが、ザウバーは好調なようですね。まぁ、まだまだプラクティスですから、予選の結果を見てみないとね。

B.A.Rは周回数が多いけど、完走できるのでしょうか?合わせて気になります。
[PR]
by qnot | 2005-04-22 22:21 | F1_2005
予選方式変更の検討開始?
わかりにくいだけで、これと言ったメリットがない今年の予選方式について、やっとバーニーが見直しに動き出したようですね。

どんな方式にまとまるのか、まだ成り行きを見守らなければなりませんが、2つのセッションの合計で最終グリッドが決まるって方式だけはやめてもらいたいです。
もし、どうしてもチーム間の格差を小さくしたいのなら、ウェイトハンディを付ける意味で、前のレース結果を元に予選アタック時のみ最低燃料搭載量を決めるなんてのはどうでしょう?上位チームは重くしてしまうしかやりようがないんじゃないでしょうか。もちろんレースではチームごとの戦略が組み立てられるようにハンディなし。これでレース中のオーバーテイクシーンが増える事間違いなし!

F1のエンターテイメント性をどこまで許すかというところで反対意見もたくさんあるでしょうね。でも、昨今の状況を見ていると純粋なスポーツとしての側面とかドライバー間の駆け引きって、オーバーテイクが無いと引き出せないのではないかという感を強く持つようになりました。デ ラ ロサの(ちょっとやりすぎ)オーバーテイクや佐藤くんの見事なブロックなんかを見ていると特にそう思います。あと、メーカの技術競争という側面については、レースの結果が全てなんだから、速いクルマを作って優勝すればいいんでしょ?

あと、雨の影響ってのは極力排除してもらいたいですね。金、土と予選を2回やって、いい方のタイムを採用するって方式はこの点では良かったんだけどなぁ。アタック順を固定しておいて、"天気が悪くなったらあきらめなさい"というのはちょっとねぇ。
さて、どんな事になるのやら。
[PR]
by qnot | 2005-04-22 00:25 | F1_2005