真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2005年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧
うむむ...
このサイト、スゴすぎです。

いったい、いつからあったんだろう?
気合いを入れて見なければ...

"Taki Inoue's Super F1 Battle" 欲しいぞ!
[PR]
by qnot | 2005-06-30 00:03 | F1_2005
MI系チームは有罪
アメリカGP問題。ペナルティは9月14日まで保留という扱いになったようです。

BBCによれば、スタートをボイコットした7チームの「5つの罪」についてモズレーが語っています。

・USGPに適したタイヤを準備しなかったことは有罪
・不正にドライバーにレースをスタートさせなかったことは有罪
・速度制限を設けるという案に従わなかったことは適切な案ではなかったため罪ではない
・7チームが共謀してデモンストレーションしたことは世界協議会で説明されたので罪ではない
・レースに参加しないことをスチュワードにレース前に報告しなかったことは罪ではない

MI自体は、出頭を命じられなかったのでペナルティの対象外とか。
アメリカGPは10月に再開催???なんて話もあるようですがホントでしょうか?

B.A.R(前科者)へのさらなるペナルティはなし!らしいですよ!
モズレーによれば「彼らが同じような事(タンク問題)をしでかさないのなら問題はない。他のチームにも問題があったときに、1チームだけ別扱いにするのは不公平だ。」とのこと。
よかったぁ!!!
[PR]
by qnot | 2005-06-29 23:29 | F1_2005
iTunes 4.9でPodCast
iTMSはまだでもiTunesが4.9になってPodCastをサポート。
"ソース"ペインの"ポッドキャスト"を選択して、"ポッドキャストディレクトリ"をクリックするとUSのiTMSから色々な番組を選べます。

合わせてiPodも価格改定。iPodは全てカラーになってiPod Photoと一緒になった様子。
podcastingのページも登場。インターネットラジオと違って蓄積型なので、音が途切れる心配もないですね。

インターネットラジオは著作権がらみでシンドイ状況にあるようですが、PodCastはどうなんでしょう?おしゃべりだけならいいんでしょうが、音楽が絡んでくるといろいろやっかいなことになりそう。

日本語のサイトもふえて欲しいな。
[PR]
by qnot | 2005-06-28 23:21 | Mac
F1 Baton
samuppeさんご提案、Agathaさん発でfullcolor38さんからいただきました。

「Musical Baton」のF1版ということです。

でわ、早速。


①PCに入れているF1容量・・・ならぬ、壁紙やスクリーンセイバーに使っているF1モノは?
ほとんどが昔撮ったデジカメ写真ですね。F1限定で1.6Gくらい。写真以外だと、大昔のrec.autos.sports.f1のログなんてのも若干見つかりました(笑)。まだWebが無かった時代(爆)

②今愛用しているF1グッズや、チェックしている番組・雑誌・PCサイトなど
グッズらしいものは...ONYXの1/43 Lotus107Cが残っています。一度、子供に破壊されましたが何とか修復。
TVは予選とレースしか見てません。雑誌は買うと捨てられないので、「F1 Racing」を立ち読み(時々買ってます)、あとは「F1 MODELiNG」かな。
ニュースサイトは日本語と英語で、多分皆さんと同じでしょう。

③最後に買ったF1グッズ
雑誌以外だと...佐藤くんのGO FOR IT! 3以降は買ってないかも。
小物はほとんどナイです (笑)

④特別な思い入れのある5人のドライバー
ミカ ハッキネン
F1以前は、サロとあわせて「2人のミカ」と呼ばれていて、マカオでのシュー兄への追突事件。瀕死の状態にあったロータスに現れたときはまさに救世主でした。乗れている時の思いっきりワイドなラインどり、鈴鹿のS字でただ1人コースからはみ出しながら走っていたのを思い出します。同じ時代にシュー兄がいなければ、もっと結果が残せたんでしょうね。DTMで大暴れしてくれぃ!

ネルソン ピケ
ネルシーニョくんも活躍中ですが、お父さんの方です。ブラバム時代もいいんですが、やっぱりウイリアムズ-ホンダにいた86年、87年の印象が強いです。F1が一番パワフルで脂っこかった時代。今時の冷静なドライバーとは違って、"熱い"レーサーでした。ときどきやる気をなくすこともありましたが (笑)。モレノと2人での鈴鹿表彰台も懐かしいなぁ。

ビタントニオ リウッツィ
今年のイチオシだったんですけどねぇ。最初に顔を見たときに「コイツは違う!」と思ったんですが、まだまだ修行不足のようです。RedBullがバックアップしてくれるうちにウデを磨いてほしいところ。

ルイス ハミルトン
彼は去年のマカオF3組の中で、一番イイ顔をしていました (笑)
今年もF3に残留して一気にF1を目指しているようです。来年はマクラーレンでテストドライバーなんて可能性もアリかも。オフィシャルサイトはこちら

佐藤 琢磨
彼の前向きな考え方や周りの人を巻き込んでいく力は、これまでの日本人ドライバーにはなかった特徴です。今年は不運続きですが、いいときもあれば悪いときもあります。来期のシートに向けて、そろそろ結果が欲しいですね。

⑤バトンを渡す5人2人
ここが一番の悩みどころですね。Musical Batonよりも母集団が小さいはずなので、自主的に2名様限定にさせていただいてよろしいでしょうか?

FrontWingさん
atwightexさん

もし、よろしければつないでやってください。
[PR]
by qnot | 2005-06-27 04:31 | F1_2005
F1 MODELiNGは30日発売
週間F Vol.66によれば、F1 MODELiNG Vol.25は30日発売だそうです。あと1週間。

発売間隔が長い上に、ちょっと経つと店頭から消えてしまう雑誌ですから、忘れずにチェックです!
[PR]
by qnot | 2005-06-23 23:42 | F1_2005
BMWがザウバーを買収
複数のソースで、BMWが火曜日の取締役会議でザウバー買収の決定を下したと報じています。

以前から噂になっていたとはいえ、いよいよワークス体制確立ですね。これでウイリアムズBMWの立場も微妙になります。それでもバトンくんはウイリアムズに移籍するのか?BMWワークスチームの様子を見てからの方がいいんじゃないかなぁ。

チームのマネジメントという部分ではB.A.Rよりもウイリアムズの方がキッチリしていそうですが、BMWワークスの新チームとなると未知数です。BMW的にはバトン-ハイドフェルドが理想的かも。マッサくんも悪くないしねぇ。贅沢な悩みかな?
[PR]
by qnot | 2005-06-22 23:42 | F1_2005
佐藤くんはグッドウッドで007をドライブ
今週末に予定されているGoodwood Festival of Speedは、ホンダがタイトルスポンサー。

佐藤くんも昨年に引き続きお呼びがかかったようで、今年は007をドライブするようです。

[やっぱり書いてしまうアメリカGPの話]
F1界隈はしばらくゴタゴタ続きでしょうが、ドライバーにとってはいい迷惑。早く落ち着いて戦える環境をそろえてあげてほしいです。B.A.Rは前科者ですから、今回はかなり厳しい立場にありますよねぇ。こんなことで優れたドライバーの将来を潰してほしくないです。

あらためて考えてみると誰一人としてあんな結果は望んでいなかったはずです。
関係者それぞれの思惑をまとめあげる天才バーニーも懸命にあちこち説得に回ったようですが、彼の力も今回は通用しなかったらしい。バーニーの影響力が衰退していることを示していたのかも。
[PR]
by qnot | 2005-06-22 09:17 | F1_2005
最後までスタンドに残っていた観客の心境は...
F1アメリカGP。まちがいなく歴史に残るレースになりました。

FIAもFOAもMI勢も裁判覚悟。訴訟王国のアメリカですから、観客の皆さんからの集団訴訟も十分ありえます。モズレーは元弁護士(特許法関連がご専門らしいけど)。勝てるという読みがあったんでしょう。でも、あえて強硬な態度に出た裏には何があるんでしょう?

ルールの厳守を強制して自分たちの立場を明確に示すことなのか、それともワンメイクタイヤに向けてMIにダメージを与えることなのか...うーん。

B.A.Rの出場停止もそうでしたが、多分FIA側には、"経済的損失を理由にルールが正しく運用されないのは本末転倒"という考えが根底にあるんでしょう。
こういう発想に基づけば、F1のイメージに多大な損失を与えたMI勢の行動は"自業自得だよね"の一言で済まされてしまいます。
一方、"レースは人が見に来てくれることで成り立っている。それに伴ってお金が動くからシリーズが成立する。"という考え方に立てば、"何でもかんでも杓子定規に解釈すればいいってものじゃない"ということになります。

どちらの考え方も説得力があるし、間違いではないと思います。どちらを選択するかだけでしょう。
これで、メーカによる別シリーズ設立の動きがさらに加速されるのは間違いないでしょうね。それも、かなり真剣に動き出すことになるのかな。
[PR]
by qnot | 2005-06-20 06:19 | F1_2005
アメリカGP予選 トヨタ初ポール!
タイヤ事件で何か落ち着いて見ていられないアメリカGP予選。

レースを完走できないタイヤを持ち込んだミシュランのマヌケさ(ちょっと言いすぎ)に怒りが収まりません。デュパ爺さんはどう責任をとるつもりでしょう?

タイヤの話は忘れて予選結果を見直してみましょう。
明らかに軽タンクのトゥルーリ。ラルフのクラッシュにひるむことなくトヨタ初のPP!アメリカですからね。自動車メーカにとっては最重点サーキットですよ。

ライコネンは予定通り。バトンくんは、出走順がもう少し遅ければ2位も狙えたかも。今回もB.A.Rは好調を維持しています。
フェラーリも引き続き好調ですね。シュー兄、バリチェロともに上位につけています。このままなら1-2もあり得そう。

ウイリアムズが重かったのかという点はビミョーな感じ。ウェーバーはS2でいいタイムを出していたので、必ずしも燃料だけが要因ではないのかもしれません。

ルノーはフィジコがアロンソを上回っています。カナダGPで見せた驚異的なスタートダッシュがありますから、きっちりマークされるかもしれません。でもここはコース幅が広いからねぇ。2台ともスタートでジャンプアップしそうな予感。

新エンジン投入のレッドブル。新しいエンジンに合わせたセットアップを見つけられなかったようです。クリエンくんは11秒台にすら入れられなかったからなぁ。

このままタイヤ交換を認めずにレースをやって、何か起きたらどうするんでしょう?レギュレーションは、安全性の確保が大前提にあって、競技の公平性はその次なんじゃないでしょうか?GPDAがまだ機能しているなら、今こそアクションを起こすべきでしょう。一番被害を被るのはドライバーなんですから。
[PR]
by qnot | 2005-06-19 05:02 | F1_2005
ミシュランの失態
昨日のラルフのクラッシュ。トヨタが空気圧を低めに設定しすぎたのが原因という説があります。

長いストレート(オーバル)と低速コーナという相反する特徴をもつインディアナポリスでは、ダウンフォースとメカニカルグリップのバランスが重要。メカニカルグリップを最大限に引き出そうとすれば、タイヤのグリップが最大になるように、空気圧をギリギリまで低く設定したくなる気持ちもわかります。

今年からレース中のタイヤ交換が禁止されて、タイヤを積極的に変形させてグリップを得るという"おかしな"方法をミシュランが導入し、予選、レースでの優位を保ってきました。

アメリカGPでミシュランタイヤに起きている問題は、オーバル走行時の横剛性が不足して、リムからタイヤが離れてしまっているんじゃないかと推測しています。ミシュランは、もっと剛性が高いタイヤを急きょフランスから空輸中で、FIAに対して"持ち込んだタイヤと交換させて!"とお願いしているらしい。

今回の件は今年のレギュレーション云々という話ではなく、ミシュランの企業体質が問われているのではないでしょうか?FIAはいつものごとく、"BSがイイって言うならウチは知らん"とか言うんでしょうか?
BSが「私たちは安全性を犠牲にしない」と何回も発言していたことが思い出されます。
[追記]
地上波の右京さんコメントによれば、BSはMIのタイヤ交換に対して"OK"と言っているらしい。
FIAは"ダメ!"なんだそうな。最近、強気だなぁ。
[PR]
by qnot | 2005-06-19 02:01 | F1_2005