真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2006年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ASIMOくんのCM
Honda UKのASIMOくんのCM
いい感じです。
ASIMOくんについては、ちょっと前に悲惨な動画が公開されています。こんなのとか。ASIMOくんは壊れて動けなくなったら、お墓を作ってもらえるんだろうか。

CIVICのCMもそうだけど、Honda UKのCMはなかなかですねぇ。
こちらのCMはクルマを運転する人の視点ではなくて、同乗しているヒトの体験をクローズアップしているように思えます。音を付けるアイディアも面白いけど、それよりも各場面で取り上げられているシーンがクルマと音という関連性だけではなく、見る人のクルマとの関わり、クルマと自分の関係や過去の記憶に訴えているという点が衝撃的です。

CIVICのCMのパロディも意味深で笑えるんだな、これが。
[PR]
by qnot | 2006-12-24 23:42 | ヒトバシラ?
F1ドライバーがクリスマスに欲しいもの
The Formula One drivers’ Christmas listが出てました。
面白かったコメントをいくつか。

サンタは信じていないんだ。でもウチの子は信じているから付き合わざるをえないんだけど。2007年のベストF1カーが欲しいね。I'll do the rest.って書いてあるけどbest?どっち??
(シーズン最後まで走れるのか微妙な)フィジコ


今年はボクのクリスマスは8月だったんだ。だから今は欲しいものはないよ。
(2006年シーズン途中にBMWからデビューした)クビツァ


クリスマスツリーの下にK1カヤックがあったらいいなぁ。
(正直者)ウェーバ


ミハエルの気が変わってレースに戻ってこないこと。
(現役最年長になった)デビクル


私はここ数年で一番シンドイ状況なんで、ちゃんと休める休みが欲しい!
[PR]
by qnot | 2006-12-24 01:46 | F1_2006
ミハエルは"ホッとした"
Schumi feels 'relief' at exit

引退の時を迎えて、過去を思い出すよりも90%は"ホッとした"そうな。
2005年のシーズン後に"なんで続けたいんだ?”という自問に対してもう答えがみつからなかったとも。

2006年中に時折見せた集中力や勝ちへの執着心の欠如の裏には、こういう心境があったんですね。フェラーリを復活させた偉大なチャンピオン。いつの日か彼の記録は破られるんでしょうか。
彼は30年後に自分の現役時代のことをどんな風に思うんでしょう。レースをするために生まれてきて、人生の半分をレースに捧げてきた彼。これから何をして生きていくんでしょうね。
[PR]
by qnot | 2006-12-20 00:11 | F1_2006
小倉さんのボヤキ
SAEのMSEC(Motorsports Engineering Conference & Exhibition
:モータースポーツ技術学会??カンファレンスと展示会?)に参加された小倉さん。ボヤキっぱなしです。日本の企業やエンジニアの国際学会や標準化委員会での活躍ぶりはクルマ屋さんも同じなんですね。

もちろん、故中村良夫さんはFISITAの会長だったし、個人として能力がある方は企業としてよりも個人としていろいろな分野で活躍されていると思います。でも、そういう人って日本企業の中では突出した人なんだよね。同じ部署にいてもほとんど日本にいなかったりするし。代わりがいるかといえばそういう訳でもなく、層が薄いというか無いに等しいというか。

ちなみにSAE InternationalとFISITAの関係については、中村さんの「かるす・おうとまとす」に詳しいです。FISITAにSAEを引っ張り込んだのは中村さんの功績ですね。その中村さんの本でも日本のお寒い状況がレンメンと綴られています。

やっぱ日本てスゲー変な国だわ。それ自体は悪いことだとは思わないし居心地はいいけど、変だという認識は持っていた方がいい。
[PR]
by qnot | 2006-12-16 23:41 | F1_2006
Microsoft did not steal ideas from Mac OS X
Apple USのサイトのHotnewsにNewYork Timesのレポートの紹介が出ています。

OS XみたいなVistaなら結構イイかも(笑)
[PR]
by qnot | 2006-12-16 17:47 | Mac
訃報 クレイ レガッツォーニ
詳しい情報はまだ無いようですが、ホンダのCMでもお馴染みだったスイス出身の不屈の元F1ドライバー、レガッツォーニ氏が交通事故で亡くなったようです。

1970年代にフェラーリなどで活躍(初優勝はヨッヘン リントが亡くなったモンツァ)した後、ウイリアムズのウイングカーでも優勝。80年にエンサインで起こした事故で車椅子の生活に。
F1日本GPにも出ていて、76年はフェラーリ、77年はエンサインでした。
その後も精力的にモータスポーツに関わっていてました。2000年のNSX fiestaの際には来日されていたんですね。

追加情報
[PR]
by qnot | 2006-12-16 11:58 | F1_2006
2007年のHONDAのカラーリング
ニック フライによれば'very different' liveryだそうで。

ちょっと変わったマーケティングアプローチをしているようですが、今の時点では想像もつかないです。「ホンダ」のロゴがメインではないことは確かなようですが。

ナショナルカラー復活???それじゃぁお金は取れないしねぇ。
[PR]
by qnot | 2006-12-14 00:03 | F1_2006
マルコ アンドレッティがホンダF1をテスト予定
今年からIRLに参戦しているマルコくん。パパのマイケルとじいちゃんのマリオと同じくF1への道をたどるのでしょうか。

この話、ホンダ側からアプローチがあったようですが、日本のF1ファンにもアメリカのレースに注目してほしいからなのか、マルコくんの能力に注目しているからなのか。やっぱりアメリカのレースファンにF1もみてほしいってことかな。
ホンダのチーム内の雰囲気も中本体制になっていっそうホンダらしくなってきているようですね。

FIAが言い出したCDGの導入がだいぶトーンダウンしてきたようで。環境に優しいF1構想とからんで、チームとFIA側で再検討されるようです。たとえ進む方向が決まっただけでも、それなりにあるべき姿が浮き上がってくるモンなんですね。
[PR]
by qnot | 2006-12-09 21:36 | F1_2006
F1 MODELiNG Vol.31はオマケ付き!
いつも写真満載のF1 MODELiNG。Vol.31の発売はちょっと先ですが、R26のペーパークラフト付きらしい。

雑誌の特性が反映されて、試作品の写真をみる限り、空力パーツ類までしっかり付いていそう。
元ホンダの佐野教授インタビュー(ホンダのサイトにも昔を振り返った文章が出ています)も楽しみ!
発売日を忘れないようにしないと。
[PR]
by qnot | 2006-12-02 11:51 | F1_2006
Honda Racing THANKS DAY その5
夕方暗くなってきて、最後はボンボン派手にやってましたね。

a0023915_2382048.jpg


More
[PR]
by qnot | 2006-12-01 23:14 | F1_2006