真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
<   2008年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
崖の上
罪の意識を抱えて崖の下に住んでいた宗助とは対照的な、崖の上の一軒家の宗介の映画。子供と観てきました。

世の中の評価は真っ二つに別れているようですね。ハリウッド的なカタルシスを期待すると裏切られます。ウチの子は真剣に観ていましたが、ポケモンとは違うタイプの映画であることは理解していた様子。終わった後も決して「面白かった!」とは言いませんでした。確かに面白がる映画じゃないかも。

絵本の世界では、「ぐりとぐら」や「いやいやえん」に満ちている子供の全能感というか、存在する事の幸福感を描きたかったのかなぁ。でも、ウチの子供らは絵本を読んだときのように楽しめていないようだったので、そんな物語を映画で作ろうとしたのなら失敗している気もする。

大人の視点で観て、色々と理屈をつけるとこんな感想になってしまうけど、フェリーニの後期の映画のように「全てが起きる映画」だと思うとすんなり入れます。言語化されていない(というか語る事で意味づけしないほうがいい)イメージが次々に流れ出してくる映画。万人には受け入れられないけど、好きな人にはたまらない。私は、気がついたらエンディングでした。

場所の設定は瀬戸内海付近のようですが、冒頭の船が行き来する風景と海底のゴミの山は小笠原丸からみた東京湾の風景そのもの。ポニョと宗介が走り抜ける山中のトンネルの場面では父島の歩行者専用トンネルを思い出しました。

宗介も大きくなったら「本当にありがたいわね。ようやくの事春になって」「うん、しかしまたじき冬になるよ」なんて会話をするようになるんだろうか。

興行的には失速するかもしれないけど、間違いなく名作だと思います。
[PR]
by qnot | 2008-07-27 04:36 | ヒトバシラ?
次は名誉棄損ですか
何の気なしにNHK BSにチャンネルを変えたら見覚えのある顔が映っていました。
「何でモズレーがTVに出てるんだ?」と思いつつ、話を聞いていたら、例の事件の判決がBBCニュースで報道されていました。

プライバシーの侵害で勝訴したモズレー。
モズレー側の反撃で相討ちになった感じもあります。

勢いに乗って次は名誉棄損でNews of the worldを訴えるそうな。

イギリスではこういうネタも普通に放送するのね。
[PR]
by qnot | 2008-07-26 05:41 | F1_2008
伊藤大輔 負傷
頭蓋骨骨折と脳挫傷で全治2ヶ月と診断されたそうです。

事故の場所はこちら。DVDは観た事ないけど、本来は自転車用コースでリスクが高そう。公道に近い雰囲気を演出したかったのかなぁ。

こういう企画の善し悪しについて意見するつもりはありませんが、商品として成り立っているということは世の中で支持する人も多いということでしょう。

早く良くなるといいですね。
[PR]
by qnot | 2008-07-24 23:10 | ヒトバシラ?
ルノーの2人
ドイツGP 決勝。

予想に反して、オーバーテイクてんこ盛り。楽しませてもらいました。

まずは、アロンソ。ハミルトンがフェラーリに移籍するって噂は本当なんでしょうか?アロンソの焦りっぷりとどんどんドツボにはまっていく様子はマクラーレン時代を思い出させます。ハミルトンの実力を一番良く知っているのはアロンソでしょう。強い時はメチャメチャ強いのに、自分よりも強そうなライバルが現れると途端にメタメタになってしまうというメンタルな部分の問題はまだ解決できていないようです。

もう一人のルノードライバー、ピケ。タイミングとチームの好判断に助けられたとはいえ、やっと本来の場所に来た感じがします。最後の数週、いつミスするかと思っていたけれど、きっちり走り切りました。これで予選順位がもう少し上がれば、また、表彰台に乗れるかもしれません。プレッシャー下でミスをしないという点ではひとつ実績を残せたけど、アロンソのように気合いで予選タイムを上げるような集中力が次の課題かな。

気になったのはデビクル。ヘアピンのブレーキングで止まり切れなかったり、接触してみたり、体力的にもう限界なのかも。引退表明が早すぎたかも。
CSで解説をしていた熊倉さんの「私のような素人が..」発言(笑)。地上波解説でメタクソに言われて、髪も白くなっちゃって、苦労したんですね。最近の川井さんについてどう思っているのか、コメントを聞いてみたい気がします(笑)。

やる気なさそうなキミが心配。まぁ、F1だけが人生じゃないか。
[PR]
by qnot | 2008-07-20 23:10 | F1_2008
ドイツGP 予選
ドイツGP 予選

雨かもなんて話でしたが、ドライのまま。とはいえ結構、風は強かったみたいですね。

サーキットにはミハエルとミカが来ているようで、ドイツだなぁという感じ。そのメルセデスというかマクラーレン。右のサイドポッドのエアインテークが小さいみたい。左右非対称でも塞いだ方がドラッグが減るんでしょうね。右回りサーキットでストレートが短いので、左の方が良く冷えるのかな?

予選順位はいつもの顔ぶれにヤルノが食い込んだ感じ。トヨタも地元といってもいいかも。ヨーロッパではイイとこみせたいだろうし。プラクティスよりも0.5秒速いので、燃料軽いのかも。

レースはアロンソが暴れてくれると面白そうだけど、天気次第でしょうか。晴れたら淡々と進むのかなぁ。
[PR]
by qnot | 2008-07-20 11:50 | F1_2008
2009年のホンダのシート
今年と同じ模様。

KERSが入ったり、変更が多いのでクルマの開発に一貫性を持たせたいんでしょうね。

どうする佐藤!?
[PR]
by qnot | 2008-07-19 12:59 | F1_2008
ベルナール カイエ
モータースポーツ写真の大御所。この前キミに突き飛ばされたP H カイエは息子さん。81歳で亡くなられました

フランク爺さんやバーニーがF1を始める前から1983年までF1を撮り続けました。60年代のF1写真のクレジットでは頻繁に名前を見かけます。
F1マシンが機械としての美しさを最大限に放っていた時代の人。この時代の人はあと何人生き残っているんだろう。
[PR]
by qnot | 2008-07-13 18:24 | F1_2008
修正版マスダンパー
久々の更新。イギリスGP、まだ見てません(爆)
バリチェロ、表彰台だったようで。荒れたレースで淡々と走ったんでしょうか?

さて、復活したF1 MODELiNGをみていたら、マスダンパーにかわって上位チームで使われはじめているサードダンパーの構造が出ていました。
ピッチングをギアネジで軸の回転に変えて軸のまわりの重りの慣性で過剰な動きを抑える仕組みらしい。マスダンパーが直線的(例えるならY軸方向)に動くのに対して、新しいのは回転方向(ω方向)という違いだけ。

どういう言い訳をしたのか知りませんが、新しいダンパーがOKになる理由がよくわかりません。効果は全く一緒のような気がするんだけど。サスペンションを介しているかいないかという違いがあるといえばあるかな?

[追記]
CSのF1GPニュースでマクラーレン式について論文が出ているという話が出てたので探してみました。

これでしょ?マクラーレン式はラックアンドピニオン(ギア式)らしい。こっちの方が自然な気がする。フェラーリは特許に抵触しないためにネジ式にしたのかも。
ざっと流し読みした感じだと、ステップ応答(0から1にステップ状に変化する入力に対する出力)の立ち上がりを改善する効果が大きくて、振動を早く収束させる効果はチューニングが必要な感じ。ダンパーの高周波特性が良くなればいらなくなりそうだけど、今のダンパーでは使った方が効果があるんでしょうね。
[PR]
by qnot | 2008-07-13 02:31 | F1_2008