真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
20年前のF1 GP
例年通りCSでF1 Legendsやってます。1987年。F1をフルシーズン中継するっていうんで、興奮して観ていた憶えがあります。当時はスゲーと思っていたけど、今観るとやっぱりのんびりしていたなぁ。

昔撮ったビデオと見比べてみたけど、この頃の今宮さんの稚拙なシャベリ(失礼)は時代を感じさせます。今宮さんは、その前もずっとF1を追っかけていたはずなんだけど、TBS系でスポットで流していたときも解説していなかったかなぁ(あいまい)。
今宮さんのHPでは、ホンダ撤退あたりからプロとして若干暴走気味の記事が増えているような。ハイアマチュアとしてなら面白い内容だと思いますし、言いたい事も良くわかる。書かれているような思惑がホントあったのかという点は、1ヶ月もしてHRF1がどうなるかでハッキリするかも。今宮解説の評判がイマイチ良くないのは、撤退会見での発言とか、人間が純粋すぎるからなんだろうな。



20年前、ターボ時代の終盤。この後のレギュレーション変更も今思えば大きなものでした。このときは、F1は速さがイチバン...でも馬力出過ぎで開発費もかかるからNAにしましょうという流れだったはず。ホンダ潰しのためという説もあったっけ。
今のレギュレーション変更の流れは、レースを面白くするため、コスト削減のためというのがそもそもの発端。F1はそこそこ速ければいい、技術はKERSとか環境に配慮してエネルギー効率改善に向けましょうという方向。そこに運営コスト問題が待ったなしの状況になって、運営規模縮小が必須になったという状況。

F1は人間が作り出す最高のテクノロジーとそれを使いこなす最高のドライバーが戦う場だと思ってます。技術開発が絶対スピードからエネルギー変換効率に比重が移って、ドライバーのウデの差が出やすくなるなら、これは正しい変化だとあらためて思う2008年の終わりでした。
[PR]
by qnot | 2008-12-28 09:07 | F1_2008
F1 MODELiNG Vol.37出てます!
後半のマーチ写真はなかなか。誰の持ち物なんだろう。
Vol.36は写真の色合いが微妙なページもあったけど、Vol.37は悪くないです。

今宮さんに小倉さんというカタい路線と大判で美しい写真。そして貴重な古い写真とビオラさんのイラスト。フツーに雑誌だと思うと高いけど、この内容なら今の値段は適正価格じゃないかな。

2009年レギュレーションのマシンイメージも写真だけではわからない部分まできっちり解説。新しいレギュレーションの基本コンセプトは上から見たときにフロント側が底辺の三角形にして、後方に空気をいっぱい流すってことなのかも。

アマゾンで扱ってくれるようになったのはありがたいっす。
[PR]
by qnot | 2008-12-23 03:03 | F1_2008
ネズミの次はゴミとゴキブリ
WALL・E観てきました。

設定が重いので地味な印象ですが、外れではなく...教育熱心で良識的で高学歴で高収入でゴリッパな方々には評判がいい映画だと思います。舞台設定が全て。

その重たい舞台設定を忘れてしまえば、いつものアメリカ映画。インクレディブルとおんなじ。前作もそうだったけど、あえて見たくないものを見せつけるという路線は「売れてやるものか!」という意思表示なのか?放っておいてもヒットしちゃうんで(そんなはずはありません、作っている人たちはものすごくエネルギーを注いでいるはず)、冒険できるのか?

ご都合主義なストーリー展開も、楽しもうと思って観るととても楽しめます。お話は遠い未来という設定なのに、ディズニーランドのような(アトラクションは無いぞ)宇宙船の中の人間達の描写は、とても現代的です。私的には環境問題云々よりも、欲望の作り方とマスの操作、消費しつづける大衆の姿が、現代のアメリカに代表される「先進」国に住む人々に対する警告に思えました。
エンドロールの最後に出てくるロゴが一番痛烈。


それにしても今年公開された東の宮崎、西のラセターという2人の作品はとても対照的。世界や物語を言葉にできない形で描いた宮崎監督(難しいけど日本語なら語れるかも)、一方のPixar映画は非常にロジカルで言語的。全てを言葉で説明できる。2人とも根っこにある気分はとても近いんじゃないかと思う。

自分が観た映画館では、予告編無しだったけど、次回作「UP」は日本でも公開されるのか?トイストーリー3よりも面白そうなんだけど。
[PR]
by qnot | 2008-12-22 04:54 | ヒトバシラ?
自動車メーカはどこへ行く?
WRCも2チーム撤退とか。リチャーズはトロじゃなくてHRF1を買うんだろうか?(相変わらずボケまくり(爆))

国内も含めてこれだけお寒い状況になったのは70年代のオイルショック以来。メーカが資本投下してくれないと、地方のサーキット閉鎖なんてのもあり得そう。Fポンは大丈夫なのか?

自動車メーカは生き残りをかけて自動車以外の分野を強化し始めるのではないでしょうか。もちろん移動手段としての車は主力商品のままでしょうし、世界中で再びお金が流れはじめれば業績も戻ってくるでしょう。でも、そのときに自動車メーカにとってモータースポーツの位置づけは今までの延長線上には無いのかもしれません。

クルマがあるからレースをするんだし、レースをするためにサーキットがあるわけで、形は変わっていくかもしれないけれどモータースポーツは決してなくならない。

佐藤くんのシートもスポンサー次第とか。ショボイニュースばかりで悲観的になりすぎな今日この頃。
[PR]
by qnot | 2008-12-19 23:47 | F1_2008
ティレルとミナルディ
ホンダ撤退で、HRF1が継続できなくなると前身のB.A.R、その前のティレルがF1から完全に消滅することになります。

同じく撤退が噂されているレッドブルがトロロッソを放り出すと、ミナルディが消滅。
レッドブルの場合は、ジャガー、その前はスチュワートGPでした。

リチャーズがHRF1の買収候補の筆頭らしいですね。でも、今の経済状況で継続運営できるようなスポンサーを見つけるのは至難の業。ドバイ資本もバブル崩壊の噂が絶えないし、金融関係以外でスポンサーを見つけられるんだろうか。最短でも2年間は赤字覚悟で突っ走るつもりじゃないとやってられないかも。
[PR]
by qnot | 2008-12-08 01:43 | F1_2008
まぁ、これはこれで
ホンダらしい終わらせかただったのかな。

大島執行役員とか、中本さんとか、いろいろと思うところはあるんでしょうけど。






バークレーの某CEOの心中やいかに。
a0023915_2247586.jpg

[PR]
by qnot | 2008-12-05 22:52 | F1_2008
ホンダ撤退!!!!
撤退が決まった模様。




ロスはフェラーリへ? かわいそうなバトンくんはどこへ行くんでしょう?

[追記]
FOTAのミーティングが今日あって、エンジンの低コスト化について合意されたそうです。
エンジン命のホンダとしては、これ以上続ける意義が見い出せないという事でしょう。他のF1参戦メーカが、どんな動きをするのかというトコロもしばらく目が離せません。
[PR]
by qnot | 2008-12-05 04:54 | F1_2008
ホンダF1が売りに出される!?
クリスマスまでに売れなければ、活動停止という噂が流れている模様。

こんなご時世に、チームなんて売れる訳ないですから既存チームにKERSだけでも買ってもらう?(そんな事しないよな)
KERS抜きだとロスとバトンくんくらいしか売物にならないかも。

鈴鹿はリニューアル工事中ですが、ホントにやめちゃうつもりでしょうか?
いくら車が売れないからといって、F1やらないホンダなんて...

HRF1と本社との予算折衝のゴタゴタが、外にもれただけと信じたいです。
早く否定してくれ~。

[追記]
クリスマスのメディア向けイベントが中止とか、バークレーのスタッフが就職活動を始めたとか、良いニュースが全くありません。これは、ホントかも...(泣)
[PR]
by qnot | 2008-12-05 03:58 | F1_2008
TMSF 2008(人物編)
今さらという感もありますが、人物編です。

まずは集合写真。
a0023915_33139.jpg


More
[PR]
by qnot | 2008-12-01 01:41 | ヒトバシラ?