真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
<   2009年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
トヨタらしい展開
バーレーンGP 決勝。

ブラウンGPが苦戦するなんて誰が言ったんでしょう(爆)。

予選1-2のトヨタ勢は1回目のタイヤ交換でミディアムを選択。これが大失敗。ミスをしてもそれなりの位置でフィニッシュするのはさすがトヨタ。ドライバーがクルマを引っ張っていくわけではなく、あくまでもチーム全体で結果を出していくスタイル。誰かがミスしても致命的な事態には陥らない。ミスを積み重ねてチームを強くしていくスタイル。

一方で、タイヤ交換後にドライバーが頑張ったのはライコネン。2回目のタイヤ交換前には一瞬トップに出るほど。久々にイイ仕事っぷりを見せてくれました。赤いチームはここんところモチベーション下がりっぱなしだったでしょうから、こういうのはとっても大切。

アロンソはドリンクボトルが壊れて、水分補給無しで最後まで走ったらしい。後半はかなりキツかったでしょうね。ピケもプレッシャーに耐えて頑張ったけど、速くても下位に落ちちゃったドライバーから名指しで文句言われちゃいました。フラビオの評価はいかに?

メルセデスは撤退をちらつかせ、フェラーリ、BMWに去年の勢いは無く、ルノーは来年のスポンサーが決まらず。トヨタは...?
新規参入が噂されるUSF1とプロドライブはコスワースエンジンってことで。これがモズレーの望んだ展開なんでしょうか。
[PR]
by qnot | 2009-04-27 03:29 | F1_2009
ブラウンGP失速?
バーレーンGP 予選。

各チームの現時点での実力はQ2のタイムが参考になると思います。
ベッテルくんがいいところにつけているのに、ウェーバーはタイミングが悪かった様子。それを除けばトヨタ、レッドブル、ブラウン、マクラーレンといった順番かと。ルノーは相変わらずアロンソ頼み。中嶋くんは思っていたほど二コと差がつきませんでした。キミとマッサは予選でのタイヤの使い方がイカンのかなぁ。ここ数戦よりはマシだけど、ロングランは微妙かも。

トヨタが予選1-2なんてフジTVが大喜びしそうな展開。トヨタさんもそろそろ優勝したいよねぇ。ちゃんとレースを組み立てれば十分に勝てるポテンシャルはある。ブラウンGPが開幕2戦の勢いのように圧倒的では無くなってきているのもプラス要素です。新しいディフューザを載せるチームの調子が上がってくるのは時間の問題。勝つなら今しかないぞ!

トヨタ初優勝を阻むのは砂嵐?

[追記]
最終コーナの映像を見たら、バリチェロは左フロントタイヤに縁石のペイント?がつくほど大回り、バトンくんは進入で「カクン」という感じで急激に舵角を与えてリアを振り回すドライビング。セットアップが決まらないのかも。テスト不足もジワジワと来ている感じ。
[PR]
by qnot | 2009-04-25 21:31 | F1_2009
雨のベッテル!
中国GP 決勝。LTで観戦してました。

初優勝の時も雨だったけど、ベッテルくんは雨の中で本当に速いねぇ。ウェーバーも速かったけど集中力とミスの少なさは驚異的です。3人目のセバスチャンもいいところまで来ていたので、ニューウェイ先生のマシンはこのコンディションにぴったりだったのかも。
気になったのは、若かりし頃(今でも若いけど)、ドライで驚異的なタイムを出していたキミの影が薄い事。いいクルマに乗れればまだ速く走れるんだろうけど、スピードへの執着心は確実に衰えている気がする。

ブラウンGPは、無難にまとめてポイントゲット。バリチェロは終盤ファステストも出しちゃうし。底力のあるチームが追いかけてくる中、どこまで逃げられるのか?資金繰りも含めて今後が気になります。

雨の中、うまくまとまらなかったのは、トヨタ、ウイリアムズ、ルノー、BMW。予想外に健闘したのはフォースインディアのスーティルくん。最後は残念でした。

昔のマシンだと、ドライではパッとしなくて雨になると突然速さを発揮するタイプは、基本的に剛性不足と言われていました。雨の中嶋伝説を決定づけたLotus101Tはまさにそんなタイプ。サスペンションアームとか、モノコックのねじり剛性とか見た目でも弱そう。今のマシンでも同じなら、レッドブルのマシンは剛性不足なのか?101Tのフロントサスは今年のレッドブルのリアサスと同じ、プルロッドだったっけ。

ピケと中嶋くん、フェラーリの2人はここのところスッキリしないままですね。今回のレースはペナルティとか何とかイチャモンはつかないのかな?
[PR]
by qnot | 2009-04-19 17:59 | F1_2009
中国GP 予選
ここ数日のフラビオの吠えっぷり、正直なところ見ぐるしいです。ディフューザーごときで何でそんなに吠えるのかと思ったら、とある事に気がつきました。

それは、フラビオと同じような立場にいたトッドとロンが完全にチームから離れている事。個々のチームと切れてフリーな立場にあると何がいいかというと、F1を仕切る団体の重要な役職を狙えるのではないかという点。ひょっとしてフラビオは、ルノーから離れるのが遅れてしまって焦っているのかも。バーニーもいい歳だし、マックスも一度は「やめる」と言っているし。私の勝手な思い込みで、全然カンケーないかもしれないけどね。

さて、そのルノー。新型ディフューザーを使ったアロンソ大健闘です。ベッテルくんのPPもすごいけど軽いんじゃないかという気がします。[追記]2人ともやっぱり軽かった模様。
上海ではオーストラリアと同様にソフトタイヤを含めてタイヤマネージメントが重要なようです。ロングランで一番イイのはバリチェロ。トヨタの2人もまずまず、ウイリアムズは全然ダメとBSの浜島さんは話されてます。やっつけ仕事のダブルデッガーディフューザの仕上がりは全くの未知数です。当たれば力関係が変わるんでしょうが、今のところレース後半になるとブラウンGPとトヨタが上の方に上ってきそうな気がします。晴れていればね。

雨になればルーレットで賭けに勝った人が勝つんでしょう。そうなるとフェラーリにもチャンスが...KERS外してさらに遅くなったって、いったい...(爆)
[PR]
by qnot | 2009-04-18 21:37 | F1_2009
ホンダ撤退のもうひとつの理由
新聞に福井社長のインタビューが出てました。

F1撤退の理由は経済的な側面もあるものの、エンジンで競争できなくなることもあるらしい。あぁ、やっぱりね。エンジン命の会社にとっては標準化されたエンジンじゃ何の意味もないわな。お金が...と言われるよりもこちらの理由の方がスッキリ納得できます。

ディフューザーの形状で勝てたとしても、それはホンダのDNAが望んでいる勝ち方じゃないかもね。

バトンは酔っぱらったバージンの社長にブチ切れちゃったらしいけど、大丈夫なのか?「誤解があったようだ」なんてコメントも出てたけど。そんなに大切ならホイホイ連れて歩かない方がいいかもね。

さて、話題のディフューザー。どのチームがどのタイミングで実戦投入してるくか。チームの総合力が試されますね。
[PR]
by qnot | 2009-04-16 00:52 | F1_2009
FIAT-クライスラー?
クライスラーの引き受け先としてFIATの名前が出ているらしい。FIATはすでに35%ほど株をもっていて、買い増すかどうかまだ決まってはいないようです。ビッグスリーは本当にどうしようもなくなっているんですね。それでもNASCARが元気そうに見えるのは何故でしょう?

クライスラーといえばクライスラーランボルギーニのバッジがついたランボルギーニV12エンジン。ラルース-ローラ、ロータスとか資金繰りが厳しいF1チームが使っていました。どちらもV8エンジン用のシャーシにV12を無理やり押し込んだ感じでした。

ランボルギーニは今やアウディグループの一員らしい。1989年頃の話だから、もう20年か!F1末期にはマクラーレンがランボルギーニエンジンをテストして、結局、あのプジョーエンジンを採用したなんて事もあったっけ。今思えば、ランボルギーニの方がまだマシだったかも。

モンテツェモロ会長、クライスラーの販売網を買って、北米に大々的に進出しますか?ダイムラーグループにも見捨てられたクライスラーじゃ、あまりオイシイ話じゃない気がする。
[PR]
by qnot | 2009-04-13 00:08 | F1_2009
コリアサーキット
2010年開催予定の韓国GP。

公式HPにサーキットレイアウトが出ています。

日本語が微妙なのはさておき、やっぱりティルケさんなのね。パーマネント区間とF1の時だけ使う区間が分かれていて、ストレート+180度ターンと中高速コーナの組み合わせ。何となくマレーシアと似ているような。

きっと、アジア3連戦になるんでしょうね。
[PR]
by qnot | 2009-04-07 04:01 | F1_2009
What a crazy race.
マレーシアGP 決勝後のバトンの第一声。

雨がひどくなるまではちゃんとしたレースでした。スコールが来る可能性が高い事を承知でスタート時間をヨーロッパに合わせさせたのは誰なんでしょう?75%分周回をさせようとした人は?興行面ばかり優先されて、ドライバーが危険な目にあって、レースは台無し。確かに途中からコンディションが変わると、意外なドライバーが上位に上がったりしてレースを面白くする側面はあるけれど、意図的にそうなるようにスケジュールを組まれてもねぇ。ポイント半分ってことは、興行収入も減るんでしょうか?

フェラーリは相変わらずボロボロですね。船長不在のこのチーム。コテコテのイタリアチームに戻っちゃいました。そりゃ、アイスも食べたくなるよな。シュー兄に仕切ってもらったら?

「マクラーレンもF1もやめちゃる!」と言ったとか言わないとかのハミルトンとそのパパ。そんな話が記事になると、チームクルーもやる気がなくなるよね。FIAやバーニーからの圧力もキツくて、このチームも迷走中だなぁ。FOTA潰しが狙いなのか?

こんな結果のレース、面白かったですか?早いところ忘れて次のレースの事を考えよう。
[PR]
by qnot | 2009-04-06 01:12 | F1_2009
マレーシアGP予選
雨降らなかったのね。この予選順位が、今のチームの実力なんでしょうね。

例のディフューザーは確実に効果あり、レッドブルのリアサスをプルロッドにするってのもいい感じ。レギュレーションが変わった今年、知恵を絞って新しいアイディアを投入してきたチームが上位ってのはリーズナブル。

バトンのQ3タイムはかなり重い状態だったようですね。BGP001は軽くても重くても関係ないんでしょうか?すごいクルマです。
ヤルノは2位。オーストラリアの表彰台で見せた表情は自身に満ちていました。トヨタは今年優勝できるでしょうね。できればレースで後ろにさがってしまいがちなグロックにもう一働きしてもらいたいところ。同じ事は中嶋くんにも言えるかな。二コとのタイム差は歴然しています。性格もセカンドドライバータイプですかね。

意外だったのは、今回の騒動でボコボコにされているマクラーレン勢。マレーシアではもっとダメかと思った。レース中のペースがどうなるかというのはスタートしてみなければわかりません。でも、雨が降ったら...ここのところレース戦略がボロボロなフェラーリよりもマクラーレンやルノーが浮上してきそう。雨の量にもよりますけど。
[PR]
by qnot | 2009-04-05 02:02 | F1_2009
煙が出た
Windowsを入れているデスクトップPCの電源を入れようとしたら、何かコゲ臭い。

ファンの穴から白っぽい煙が一筋立ち上っていたので、慌てて電源コードを引っこ抜く。
バラしてみたらATX電源がクサい(ホントに焦げ臭い)。

煙が出た電源をさらにバラしてみると、コネクタを固定するための液がICの足にも付いていて、その液が炭化していました。トラッキング火災みたいにジワジワ電流が流れて炭化が進み、一気に焦げた感じ。この電源、抵抗の付け方やハンダ付けの雑さが目立ちます。目の前でコゲたので良かったようなものの、火元が自作PCで丸焼けになってしまったら、誰も責任取ってくれないでしょうね。コワイよ〜。(懲りもせず、ストックしてあったATX電源と交換して復活させました)

この1ヶ月、悲しい事やら危険な事、厄介な事ばかり。そんな時期もあるのか。
[PR]
by qnot | 2009-04-05 01:34 | ヒトバシラ?