真夜中の
qnot.exblog.jp

F1とかMacintoshとか...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
いきなり乗って0.5秒?
スペインGPプラクティス。

左近くんじゃなくてクリエンがまさかのテストドライバー契約で、P1に登場。セナを0.5秒上回ってみせました。セナもP2では1秒以上短縮しているし、P1でも何をやっていたのかわからないんで、直接比較は意味ないと思うんですけど、でも長いブランクの後にいきなり乗って、現役ドライバーよりも0.5秒速いってのはどういうことでしょう?クリエンくんから何かフィードバックを得られたのか、それとも現役ドライバーにプレッシャーをかける意味があったのか?

ザウバーはデラロサにトラブルですか。エンジンは対策版がまだ使えないなんて話も出ていますが、もう少しですかね。スポット契約でもやっとスポンサーロゴが入ったようで、どん底の時期は過ぎた気がします。小林くんのタイムを見ても、クルマへの対策が効いている気がします。クルマの動きは良くなったのかなぁ。

メルセデスは長いクルマを持ち込んで、今のところミハエルもニコを全てにおいて上回っています。寸法が合った服を手に入れて、いよいよ本格始動でしょうか。予選、レースは大注目です。
そのメルセデスのエアインテークがちょっと低い位置に移動していますね。Fダクトのメルセデス版は、ウイングの前面のインテークからの空気をマクラーレンのように裏側に流す作りになっているようなので、ここに当たる空気の圧力を高くしたいのかもしれません。まぁ、ウイングに当たる空気も増えそうだし、エンジンが規制されている状況ではリーズナブルな選択ですね。

そのエンジン規制ですが、一時はガスタービンなんて話も噂に出ていましたけど(そりゃ無いよな)、ターボ+KERSになりそうですね。こちらも納得の内容。3日間の使用燃料を規制すればもっと面白いかも。
[PR]
# by qnot | 2010-05-08 01:42 | F1_2010
F1 Rejects is not dead.
毎度、マニアックなネタを提供してくれているF1 Rejectsですが、Podcastが迷走中です。事情はこちらに書かれています

Jamieさんの大変さは理解できますし、Site Author and Senior Grand Prix Analystのenochさんの続けようとする意思には本当に感服します。ForumメンバーによるPodcast 2.0はどうにもメタメタでしたが、enochさんのプロデュースで中国GPeditionに向けて動きもあるようです。ひょっとするとJamieにかわるパートナーを見つけられるかもしれません。期待しないで待っておきたいと思います。
[PR]
# by qnot | 2010-04-28 03:53 | F1_2010
カムイの覚悟
中国GP決勝。

MOTO GP延期ですかっ!今日乗った東海道新幹線や、新大阪駅付近(お仕事です)には、デカいスーツケースを引きずった白人さんがいつもよりも大勢いたような...気のせいでしょうか?

さて、ミハエルは最後、本当にダメダメでした。ここまでニコに負けっぱなし、タイヤも上手く使えない。雨でもいいとこなしってのは、本人にしてみればものすごくつらい状況でしょう。若い頃ならまだしも、厄年のオジさんが大きめのHANSをつけて走っている訳で、下手な言い訳でもしようものならますますドン底という感じ。次のアップデートでミハエル向きのクルマになるといいんですが、厄年ですから(しつこいか)。

そんなミハエルをオーバテイクして株を上げたのはペトロフ。条件がペトロフ向きだったとはいえ、ミハエルを抜いて気分が悪いなんて事はないでしょう。ルイスくんはまた怒られちゃったけど、彼女ともパパとも別れて孤独を満喫しているんですかね?優勝したバトンくんとは正反対の環境になっているのは、なかなか興味深い反応でもあります。このままヒールに徹するのか、どこかで反転するのか、ルイスくん自身が乗り越えなければならない試練だなぁ。

ニコはミハエルよりも前にいる事に加えて、一時はトップを走ったりしてどんどん良くなっていますね。ウイリアムズにいたときよりもピリッとした感じで、ひょっとしたら今年中に勝てるかもしれないと思わせてくれます。アロンソといい、ベッテルくん、ウェーバといい、今年は実力拮抗していてものすごく面白いシーズンなんじゃないでしょうか。雨でレースが決まるのは、たまにならいいけど、毎回だと何だかなぁという気にもなります。

完走率0%の小林くん。Numberのインタビューで日本人ドライバーとしての覚悟を語っていました。内容は買って読んでもらいたいので書きませんが、そんな事考えていたのかとちょっとびっくり。このままザウバーで終わってしまう事なんて無いと信じたい。アロンソだってミナルディからスタートしたんだぞ。

今月は久々に雑誌を何冊も買ってます。ちゃんと後まで残しておきたい内容なら買うんだな。
[PR]
# by qnot | 2010-04-20 00:55 | F1_2010
家に帰れない?
中国GP 予選。

順当にレッドブルが1-2ですね。メルセデスが徐々に復活の兆し。ミハエルはリアエンドのグリップ不足を具体的に指摘していて、だんだんと自分のクルマが出来上がってきた感じ。今のところ若いモンにやられっぱなしだけど、出口が見えてきたのかも。

左近くんがまさかのヒスパニア入りですが、スパイカーつながりなんですかね。コレスがチームを引っ張っている感じもあり、このまま続ければうまくチームを回せるようになるかも。問題はダラーラに代わる製造部門をどうするかですね。

キーさんに引き継ぎ中のザウバー。両ドライバーともクルマのダメっぷりを語りはじめました。ザウバーさんに「ドライバーにも問題がある」なんて言われたら、言いかえさなきゃね。ザウバーさんの発言の裏には、「日本もスペインもスポンサーになる気がある企業はいないのかよ!」という思いがあると思うんだけど、5月過ぎれば日本企業も動きがとれるようになってくるかな?小林くん、今度こそ完走したいよなぁ。

さて、中国GPで一番の問題はヨーロッパ行きの便が欠航して復旧の目処がたたないこと。噴火がおさまる気配が無くて、数日中に飛べるようになるという楽観論もあれば、1ヶ月は無理という話も。次の予定はキャンセルして船便でのんびりと帰るってのも悪くないかもね。
[PR]
# by qnot | 2010-04-18 07:35 | F1_2010
ミシュランの思惑
ブリヂストン撤退後、F1のタイヤサプライヤーとして噂されているミシュラン。

復帰の条件として、18インチホイールの使用を提示しているらしい。今のF1は13インチ。軽自動車並みです。ちなみにIRLはフロント15インチ、リア14インチらしい

ミシュランはWorld Series by Renaultにタイヤを出しているけどこちらのホイール径はとても18インチには見えません。ALMSにもタイヤを供給していて、こちらがちょうど18インチ。もちろん本家ルマン24時間でも同じタイヤを供給する様子。

要するにフォーミュラ用のタイヤでは持たないので、耐久レース用のタイヤを流用するつもりっていう宣言にも聞こえるんだけれど、これって、ケンカ別れした(というかケンカして追い出された)FIAに対する嫌がらせのようにも見えます。IRLよりも巨大なホイールをつけたF1ってのは、かなりイメージが変わりますねぇ。

そもそも何でF1のホイールってあんなに小さいんでしょうね。大きくすればブレーキ屋さんは大助かり。タイヤもショルダー部の剛性が上がっていい事づくめ。FIAにしてみればブレーキ性能が上がってしまって、ますますオーバーテイクしにくくなるのが問題かな。エンジンを標準化するなら、ブレーキも標準化するのが筋のような気もします。制動距離がなが〜い標準ブレーキにすれば全て解決という気もする。

本当にミシュランは復帰するんでしょうか?
[PR]
# by qnot | 2010-04-11 04:48 | F1_2010